Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

長引く不安も笑ってふっ飛ばせ!花澤香菜&前野智昭、世界共通「はたらく細胞」の魅力を語る

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 楽しく学べる、学習アニメの究極進化系とも言うべきアニメ「はたらく細胞」の放送開始から早2年。“体内細胞擬人化アニメ”として第1期、1クールの放送後も、各種コラボ企画が走り続ける中、第2期(2021年1月~)と特別上映版(2020年9月)が決定し、ファンも大いに沸いた。世界が新種のウイルスによって暗く沈む中、体のことを楽しく知れる「はたらく細胞」は、今や世界共通のテーマのど真ん中を行く作品と言ってもいいかもしれない。新たなエピソードについて赤血球役・花澤香菜、白血球(好中球)役・前野智昭にインタビューすると、健康に関する2人の意識も聞くことができた。  「健康」は言語、文化が異なる世界において、大きな共通テーマ。今、世界で猛威を奮う“新たな敵”とも、世界の人々が手を取り合って戦っている最中だ。そんな中、「はたらく細胞」の新エピソードが9月に上映されるのも、単なる偶然とも思えなくなる。しかも、どんよりと沈んだ空気だけでなく、コメディは人々を明るい笑いに包む。  改めて「手洗いの大事さ」が身に沁みたという花澤も、「はたらく細胞」によって、体に関するたくさんのことを学んだ。「楽しみながら学べるのはすごくいいですよね。あと、国を越えて、人類なら誰でも楽しめるのが魅力というか。海外向けに、前野さんと配信番組を収録させていただきましたが、外国でも応援してくださる人たちがいて、共感して、キャラクターを愛してくれているのが伝わる。そんな作品は、なかなかないなと思いました」と、人なら誰でも関心を持つテーマだからこそ、言語の壁はさほど感じない。  白血球(好中球)として、数々の外敵と戦う前野も、味のあるキャラクターたちには愛着もわく。「作品がわかりやすいですし、どなたでも楽しめる作りにしてくださっている。敵として登場する菌の一つ一つも、敵でこそありますが、どこかしら憎めない印象もありますし、がん細胞はがん細胞で、存在意義を持っている。親近感を覚えるポイントかなと思います」と、作品としての完成度を口にした。

【関連記事】