Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

《埼玉・深谷》子育てが終わらぬまま、38歳のひとり息子に撲殺された母の無念

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

「おとなしくて、まじめで賢く、可愛い子だった」 「小さなころから英語がうまかったのに」  と知人には記憶されている男が、9月下旬の連休中、敬老の日の直前に、年老いた母を素手で殴って殺害した─。  20日の午前1時ごろ、 「トイレに行こうとしたら、母親が倒れている」  と埼玉県深谷市の佐藤陽亮容疑者(38)は、みずから119番通報。救急隊員が駆けつけると、母親の月代さん(72)が1階の廊下であおむけに倒れており、心肺停止の状態。すぐに病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。

結婚9年目に生まれたひとりっ子

 月代さんの顔面には拳で殴られた痕跡がいくつもあったという……。 「昔から親子間のトラブルが絶えなくて、警察がよく来ていました」 「もともと近所付き合いをほとんどしない家で、そんな面倒な部分もあったから、余計に避けていました」  近所の住民たちは、佐藤家について口々にそう話すが、  どんな家族だったのか─。一家をサポートしていたAさんが明かしてくれた(以下、同)。 「父親は地元の有名企業に勤めていましたが、約10年前に病気で他界。月代さんは自宅で英語塾を開いていました。息子さんは結婚して9年目にようやく生まれたひとりっ子で溺愛されていましたよ」  大学を出て留学経験もあった月代さんは教育熱心だったが、厳しい面もあった。 「ヨウちゃんは幼いころからそれに反発していた。賢かったけれど、協調性がないこともある発達障害の傾向があることがわかりました」

 容疑者が手に負えない時期もあり、父親の実家に預けられたこともあったという。 「祖母はヨウちゃんを猫可愛がりしたようで、お母さんの悪口を吹き込んだ。嫁と姑の関係ですから。すると、ヨウちゃんはおばあちゃんが大好きになって、お母さんはその次の存在になったようです」  地元の小・中学校では、目立つ存在ではなかったという容疑者。同級生が語る。 「勉強ができましたね。中学校のときは、いつもワイシャツのいちばん上のボタンをきっちり留めていた。生徒会に入っていて、文化祭なども積極的にやっていた印象もあります。  話題は、いつも勉強のこと。勉強はホントに努力家でしたね。ゲーム、アニメ、マンガ、芸能界、異性の話などはしたことがない」  別の同級生は、 「はしゃいでいる姿は1度も見たことがないですよ。親友はいなかったかも。でも、同窓会だったか、成人式のときだったか、酒を飲んで周りと打ち解けて笑っていたので、肩の力が抜けたなぁと思ったんですが……」

【関連記事】