Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ムロツヨシ、永野芽郁との秘蔵ショット公開「父の携帯には、こんな娘の笑顔がありました」「親バカ青春白書」最終回

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 俳優・ムロツヨシ(44)が13日、自身のインスタグラムを更新。この日、最終回となる主演する日本テレビ系ドラマ「親バカ青春白書」のクランクアップ直後に撮った娘役の女優・永野芽郁(20)との秘蔵ショットを公開した。  フェースシールド姿のムロと笑顔の永野の2ショット写真を投稿。「クランクアップ直後です。父の携帯には、こんな娘の笑顔がありました 嬉しい父、です」と記した。  人気演出家・福田雄一氏によるオリジナルコメディー。ムロが演じるシングルファーザーの主人公「ガタロー」こと小比賀太郎(おびか・たろう)が、まな娘・さくら(永野芽郁)を心配するあまり同じ大学へ進学してしまうストーリー。この日、午後10時半から最終回を迎える。  ■第7話あらすじ  シェアハウス生活が続く小比賀家で、さくら(永野芽郁)が豹変!?ガタロー(ムロツヨシ)をめぐる娘・さくらvs同級生・美咲(小野花梨)の水面下のガチバトルが勃発!さらにハタケ(中川大志)、寛子(今田美桜)、根来(戸塚純貴)も巻き込み青春の悩み渦巻く小比賀家に、さくらの異変を感じ取ったガタローの母・多恵(高畑淳子)が香川から上京してくる!悩みを打ち明けたさくらは、多恵から優しかった母・幸子(新垣結衣)の衝撃的な過去を聞き…。

報知新聞社

【関連記事】