Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「今季F1は絶対おもしろい」超A級の三つ巴に名カメラマンが太鼓判

配信

webスポルティーバ

世界的F1カメラマンの本音対談 後編 新型コロナウイルスの影響で開幕が延期されていたF1世界選手権の2020年シーズンがいよいよ始まる。開幕戦の舞台となるのは、オーストリアのレッドブルリンク。無観客でのイベントになるが、オーストリアを皮切りに9月初旬のイタリアGPまでヨーロッパ各地を転戦し、10週間で8レースを行なうことが決定した。そこで約30年にわたってF1を撮影してきた世界的なF1カメラマン、熱田護氏と桜井淳雄氏のふたりに今シーズンの見どころを聞いた。 美貌のF1女性ドライバー、アマティの後継者たち ◆ ◆ ◆ ●ルイス・ハミルトンとメルセデスのチームの一体感がないように見えるとのことでしたが、なぜそう思うのですか? 熱田 過去、ミハエル・シューマッハやアイルトン・セナも勝ちまくっていた時代がありましたが、優勝するとチームのメカニックやエンジニアは抱き合って大喜びしていました。もちろんメルセデスのスタッフもハミルトンが優勝し、彼が、スタッフのもとに来た時には喜んでいます。それでもハミルトンがウイニングランをしている間、メルセデスのスタッフは淡々として、雑談なんかしています。それって、ハミルトンの求心力の欠如というか、チームの全員がハミルトンの方を向いて彼のために頑張ろうという空気になっていないのではないかと勘繰ってしまう。 もちろん、ハミルトンは常に勝ちたいだろうし、チャンピオンになりたいと思っているでしょう。しかし彼の情熱がチームを突き動かし、彼のためにチームが動いているという雰囲気を感じないんです。メルセデスの組織力やエンジニアリング力が明らかに他のチームよりも上回っており、そこにたまたまハミルトンが乗っているように見えてしまう。

桜井 それはありますね。シューマッハが勝ちまくっていた時代のフェラーリは、チームとしての一体感がありました。シューマッハはフェラーリがどん底の時代からスタッフ全員を巻き込んで、みんなと一丸になって強いチームを作りあげていきました。それがハミルトンの場合は、僕は運転する人、エンジニアやメカニックはマシンを作る人、とはっきりと分かれている感じ。チームとしてまとまっていないように見えます。 熱田 マシンを走らせる才能だけで言えば何も言うことはないよね。ただ、チームからの信頼感や求心力を持っているかといえば、そこは歴代のチャンピオンに比べて足りないように感じます。 桜井 ハミルトンからは、「熱さ」を感じないんですよ。日本のF1ファンには一生懸命にやっている姿が見えるドライバーが好まれますが、彼はそういうのを表に出さない。だから日本ではいまいち人気がないのかもしれないですね。海外では結構人気があるんですけど。 熱田 例えばセナは走った後にクルマから降りると、ガレージの中でエンジニアと延々と話して、ひたむきに仕事に取り組んでいました。まるでレースにすべてを捧げているような印象でした。でもハミルトンはコーヒー飲みながらエンジニアと少しだけ話すと、それですぐピットの裏へ行っちゃう。で、走行時間になるとピュっとまた出てきて、すぐコースインしていくという感じなんです。 桜井 ただ今は昔とは違ってドライバーの役割が変わってきているし、スケジュールが過密になっていることも影響しているかもしれません。僕はあるチームの仕事もしていたので、ドライバーの一日のスケジュール表を見たことがあります。ブリーフィング、サイン会、スポンサーの挨拶など、予定がびっちりです。ご飯を食べる時間もままならない。

【関連記事】