Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

編集部が厳選!! 2020年の高校サッカー界を彩る注目株300選~関西編

配信

SOCCER DIGEST Web

関西からすでに4名のプロ内定者を輩出! 興国のチャンスメーカーに注目!

 夏のインターハイが史上初の中止となった。活躍の場を奪われて苦渋の日々を送りながらも、開幕が近づく高円宮杯や秋の選手権予選に向けて、全国各地のチームも選手たちも雌伏のときを過ごしている。 【PHOTO】2020年の高校サッカー界を彩る主な注目選手を写真でチェック!~関西編  昨年以上に群雄割拠の様相を呈するなか、スターダムを駆けあがりそうな注目タレントは誰か。ここではプロ内定を勝ち取りそうなキラ星から一気に声価を高めている上昇株や期待のルーキーまで、編集部が厳選した男女300人の『逸材』たちを紹介する。第4回目となる今回は関西編だ。 ―――◆――◆―――   ※実績の表記は下記の通り。 U‒00=年代別日本代表(2019~20年実績)、高校選抜=日本高校選抜(欧州遠征メンバー候補)、00国体=国民体育大会出場メンバー(16歳以下の県選抜) 【関西】 No.136 FW 杉浦力斗 すぎうら・りきと 興国(大阪)/3年/182センチ・69キロ プレースタイル:スピードスター 実績:金沢内定、U-17、U-18 2月のフランス遠征で現地クラブから高評価を受けた点取り屋。身長と速さを備えたアスリート能力の高い選手だが、味方を活かすスペースメイクなど頭脳的なプレーもできる。 No.137 DF 野﨑陽登 のざき・あきと 草津東(滋賀)/3年/189センチ・72キロ プレースタイル:ディフェンスリーダー 実績:― 圧倒的な高さによる競り合いの強さが魅力のCBで、「空中戦では誰にも負けたくない」。 精度の高い左足フィードも備えており、ブレイクを果たせばプロ行きも狙える注目株だ。 No.138 MF 田中魁人 たなか・かいと 神戸弘陵(兵庫)/3年/166センチ・64キロ プレースタイル:潰し役 実績:18国体 豊富な運動量と気の利いた位置取りから繰り出すボール奪取がピカイチ。派手なプレーは控えめだが、チームへの貢献度が高く、その存在によってゲーム展開が大きく変わる。 No.139 MF 平岡大陽 ひらおか・たいよう 履正社(大阪)/3年/170センチ・64キロ プレースタイル:潰し役 実績:湘南内定 終盤まで落ちない運動量が自慢のボランチ。プレーの連動性が持ち味で、果敢なプレスを繰り返し、ボールを奪ったらパスで攻撃のリズムを創出。機を見てはシュートにも絡む。 No.140 MF 樺山諒乃介 かばやま・りょうのすけ 興国(大阪)/3年/171センチ・68キロ プレースタイル:チャンスメーカー 実績:横浜内定、U-17、18国体 巧さと強さを兼ね備えた「日本にあまりいないタイプのドリブラー」(内野監督)で、左右両足から繰り出す強烈なシュートと正確なパスも必見だ。来春のJ1横浜入団が内定。 No.141 DF 眞古大輔 しんこ・だいすけ 滝川二(兵庫)/3年/184センチ・75キロ プレースタイル:ディフェンスリーダー 実績:― 高さを活かした競り合いだけでなく、球際も強く、ひとりでゴールを守れる頼れるCBだ。ボランチ出身とあって攻撃力も高く、奪ってからの持ち運びや展開力も目を見張る。 No.142 FW にしの・たいよう 西野太陽 京都橘(京都)/3年/177センチ・67キロ プレースタイル:ザ・ストライカー 実績:U-17、18国体 技巧と速さを備えた万能型ストライカーで、すでにJクラブの練習に参加済み。選手権後は弛まぬ自主練によってプレーの力強さがアップ。より 〝怖い〞選手へと成長を遂げた。 No.143 MF ガブリエル 京都共栄(京都)/2年/172センチ・70キロ プレースタイル:チャンスメーカー 実績:― ブラジルの名門・サントス出身の司令塔。正確無比なパスで好機を演出しつつ、積極的にゴールも狙う。内藤監督はピッチ内外で、模範となれる意識の高さも評価している。

【関連記事】