Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

豊田合成、コロナ検査車両を寄贈 名古屋大に、院内感染防止

配信

共同通信

 豊田合成は4日、新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査用のワンボックス車を名古屋大に寄贈した。医師や看護師が患者を隔離したまま検査できるのが特徴で、院内感染の防止に役立つ。地方自治体からも引き合いがあり、豊田合成は製造を進める。  車内後方に医師が乗り込む。車内と車外を隔てる透明の板に取り付けた手袋を用いて車外にいる患者から検体を採取するため、感染の危険性を抑えられる。医師は着替える必要がなく効率的に運用でき、1時間に約20人を検査できるという。病院やホテルの駐車場などでの稼働が想定される。

【関連記事】