Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

通い慣れた書店「最後の日」そっと置いたレモンが生んだ「奇跡」ツイッターで拡散、直木賞作家の思わぬ反応

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

4歳の時に絵本を買った。小学校に入ってからは児童書を買い、中学生の時には専門書を買いにきた。「成長に寄り添ってくれているように感じていた」。静岡県内最大級の書店、戸田書店静岡本店(静岡市葵区)が閉店した日、平積みの本に置かれたひとつのレモンがあった。本好きなら分かる名作のオマージュに、直木賞作家も反応し、温かな輪が広がった。大好きだった本屋の最後の日に起きた「ささやかな奇跡」を追った。(朝日新聞静岡総局記者・広瀬萌恵) 【画像】戸田書店静岡本店で見つかった「レモン」の写真はこちら、置かれていた本のタイトルは……

閉店の日、いてもたってもいられず

閉店日の7月26日。戸田書店静岡本店のツイッターが本の上に置かれたレモンの写真をあげ、「いつの間に。素敵なお客様がご来店されたようです」とつぶやいた。 レモンを置いたのは市内に住む15歳の女子高生。物心つくころから通っていた。書店が閉店すると知り、いてもたってもいられなかった。 借金を背負い、病にむしばまれる主人公は、八百屋でレモン買い、幸せだった頃によく通った書店「丸善」へ。積んだ画集の上に、爆弾に見立てたレモンを置いて店を立ち去る……。再現したのは、作家、梶井基次郎(1901~32)の代表作「檸檬」のラストシーンだ。本が好きな人なら分かるネタで笑顔になってもらおうと思った。 「迷惑ではないか、忘れ物と間違えられて捨てられないか心配だったが、つぶやきを見てほっとした」。店はフェアが頻繁に開催されていて、行くたびに楽しかった。4歳の時に絵本を買った。小学校に入ってからは児童書を買い、中学生の時には専門書を買いにきた。「成長に寄り添ってくれているように感じていた。本当に寂しい」。

直木賞作家の思わぬ反応

JR静岡駅北口前の複合ビル「葵タワー」に店舗を構えていた戸田書店静岡本店は2002年に開業。雑誌、文芸、専門署など約60万の在庫冊数をそろえ、企画展が開催されるなど地元文化の発信拠点だったが、近年はインターネット通販や電子書籍に押され、売り上げが減少した。 閉店日に店に立った書店員の奥山由子さん(36)はレモンを見つけたとき、「そんなことがリアルに起こるなんて」と同僚たちと顔を見合わせた。長年店を愛してくれた客の愛を感じ、発見したことの報告とお礼をかねて、ツイッターをあげた。 つぶやきに対して思わぬ反応もあった。レモンが置かれていたのは川越宗一氏の直木賞受賞作「熱源」の上。これを受け、川越氏から返信があった。「書店さまとお客さまの素敵な交流のお写真、心が洗われるような思いで拝見し、またなんだかとても光栄でした」。

【関連記事】