Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

記録することの意味を問う 災厄の時代に読む『ペスト』(下)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 疫病という不条理に抗う人々を描いたアルベール・カミュの小説『ペスト』 は、複雑な叙述の構造を持つ。冒頭で、この物語が誰かの手による「記録」であることが明かされ、それとは別の人物の記録(手帳)も作中、何度も引用される。文芸的な用語を使えばメタフィクションなのだが、その構造によって必然的に「記録することの意味」が述べられることになる。そして記録の意味や実質を問うとき、メディアの在り方も問われざるを得ない。前回に続き、作家の木村紅美さん、朝比奈あすかさんと語り合い、考えた。(共同通信=田村文)  ▽なぜ報道で役立とうとしないのか  読み進めていくうちに、一つの疑問が湧いた。私と同じ職業、記者であるランベールはなぜ、ペスト禍そのものを報じようとしないのか。  ランベールは感染爆発する町、アルジェリアのオランにたまたま別の取材で来ていた。ペストで町が封鎖され、愛する女性と引き離される。焦燥を募らせ、脱出を企てる。だが、リウーやタルーたちの献身的な仕事ぶりを見て共感し、町にとどまって保健隊に加わる決意をする。

 感動的な筋書きだ。だが記者であるなら、ランベールはオランの状況を内外に伝える「報道」によって社会に貢献するべきではないか。なぜ、防疫の第一線ともいうべき保健隊で働くことを選んだのか。  『ペスト』には新聞やラジオの報道もしばしば引用の形で登場する。これら報道機関に対して、語り手は総じて冷ややかで、懐疑的だ。  「鼠の事件ではあれほど饒舌であった新聞も、もうなんにもいわなくなっていた」  「新聞と当局とは、ペストに対してこのうえもなく巧妙に立ちまわっている」  カミュには記者経験がある。第2次大戦当時、所属していた新聞社はカミュの反戦的な言論が理由となって発禁処分を受ける。新聞やラジオが当局の宣伝機関と化す場合もあることを、体験的に知っていたのではないか。その危険が最大化するのは、戦争や大災害、パンデミックのときだ。  ▽大本営発表になっていないか  読書会で私がそう話すと、朝比奈さんが指摘した。「2011年に福島で原発事故が起きたときの報道の仕方が『大本営発表』にたとえられたことがありましたね」

【関連記事】

最終更新:
47NEWS