Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

海洋放出「将来に禍根」 全国・県漁連、復興相らに重ねて反対

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
福島民友新聞

 東京電力福島第1原発で発生する放射性物質トリチウムを含む処理水の処分を巡り、全国漁業協同組合連合会(全漁連)の岸宏会長と県漁連の野崎哲会長は16日、復興庁で平沢勝栄復興相(福島高卒)と会談し、風評被害への懸念から海洋放出に重ねて反対した上で「漁業の将来に極めて大きな禍根を残す」と慎重な判断を強く求めた。  会談は冒頭を除いて非公開。岸氏は「処理水が海洋放出されれば、風評の発生は必至だ。復興を目指す漁業者の思いが挫折することがないよう海洋放出に反対する」と強調した。

【関連記事】