Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スーパースポーツ史上最強最終決戦は新V4=RVF1000Rに期待【バイク近未来予想】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

環境規制の端境期にあり、世代交代の節目を迎えているバイク。ラインナップに大変動が起きるのは必定だ。そこでヤングマシン創刊48年の知恵とカンをベースに、願望&妄想も織り交ぜながら、バイク未来予想を導き出してみた。本ページではスーパースポーツカテゴリーについて、ホンダの新V4=RVF1000Rの可能性を中心に予想する。 〈関連写真×10枚〉SS史上最強最終決戦、ホンダ新V4=RVF1000Rに期待【バイク新車近未来予想】

舞台はユーロ5の最終決戦。いよいよ新V4計画にGOサインか?!

持てる技術を注ぎ込んだ直4の集大成=CBR1000RR-Rをリリースしたばかりのホンダ。次に着手するのは究極のV4スーパースポーツ=「RVF1000R」と予想したい。 〈写真01/02〉HONDA RVF1000R[予想イメージCG] ヤングマシン本誌が以前から提唱していたとおり、そのコンセプトは「現実的な価格で買える最新のRC213V-S」だ。RCV-Sは、’15年に2190万円で限定販売されたモトGP公道レプリカ。まさに究極のV4機だが、既に5年が経過しており、最新のRR-Rに見劣りする部分も出てきた。RCV-Sがサーキット用キットを装着して215psなのに対し、RR-Rは素で218ps。電子制御のほか、ウイング付きの空力ボディなど車体面もRR-Rが上回る。こうしたアップデートを施し、なおかつ戦闘力を維持するには、ユーロ6移行前の今しかない。  加えて、ドゥカティのパニガーレV4Rに対抗する狙いもある。スーパーバイク参戦向けのV4Rは超絶の221psに加え、価格も463.4万円とかなり現実的。排気量を拡大したストリート仕様のSTDも存在する。V4でレースの栄光を築き上げてきた本家ホンダとしては、その威信に賭けて他社の独走を看過するわけにはいかないだろう。ドゥカティ並みに価格を抑え、しかも強いV4をホンダなら市販できるハズだ。

RC213V-S発表後も、基礎研究は地道に続けられていた

「V4」はホンダの重要なシンボルのひとつ。直4のRR-Rと並行して、V4の研究開発も進められてきたとの噂だ。事実、RCV-Sが登場した’15年以降も、V4関連の特許がホンダから意欲的に申請されている。なお、「RVF」の車名は’95年型RVF/RC45以来使われていなかったが、’14年に改めてホンダが商標登録している。 〈写真03/04〉パニガーレV4の存在が示された’17年には、フレームをはじめ、可変吸気装置、エンジン下マフラー、エアインテークなどホンダのV4関連特許が大量に公開。

【関連記事】