Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍でも「遠くに行きたい」が叶う!?バーチャル旅行はここまで進化した。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

Go To トラベルキャンペーンが実施されているかたわら、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行はいまだ終息のめどがつかないまま。 「ステイホーム」の夏休み、今年は楽しみにしていた旅行を断念したという人も多かったはずです。そんな中、国内外の観光地をオンラインで訪ねる”バーチャル旅行”が注目を集めています。 自宅で手軽に体験できるスタイルから、機内食を堪能できる施設まで。夏のバカンスを諦めかけていたみなさん、今だからこそ楽しめる、バーチャル旅行の進化、ちょっとのぞいてみませんか? 

自宅から簡単に世界各国へ スマホできるバーチャル旅行

スマートフォンやパソコンから、簡単に世界名所をの風景にアクセスすることができることで知られるのがGoogle Mapのストリートビュー機能。以前から360度のパノラマ写真を使ったデジタル世界地図として利用されてきました。この機能が、コロナ禍で旅行気分を味わいたい人から注目されています。 当初は自動車で収集された画像が主に使われていたそうですが、現在はバックパックに収められるカメラや、スノーモービル、水中カメラ、時にはラクダまで使い、パノラマ写真が撮影されるようになりました。 そのため雪山や海中、世界遺産の内部など、簡単に訪れることのできない場所へのバーチャル旅行が可能となったのです。 フランス・パリを象徴するエッフェル塔は、ストリートビューを使うと、真下まで入り込んで細部の構造まで見上げることができます。さらに展望台からパリの街並みを眺めることも可能です。 ニューヨーク近代美術館やルーブル美術館など、世界を代表するミュージアムの中に入ることも! 時間を気にせずゆっくり滞在できるのもバーチャル旅行ならではの魅力ですね。 このストリートビュー機能を活用し、Zoomなどを使ってバーチャル旅行ツアーを提供するサービスも登場しています。バーチャルツアーのプラットフォーム「CompathyGO」では、現地をよく知るツアーガイドが、ストリートビューを画面共有しながら観光地についてガイドするなど、まるでその場にいるような旅行体験を低価格で提供しています。Zoomでの実施となり、ガイドへの質問タイムや、ときには現地からの生中継などもあります。

【関連記事】

最終更新:
LIMO