Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

性能アップでお買い得 入門機と思えぬ実力の新iPad

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NIKKEI STYLE

この秋、アップルからiPadが新たに2モデル登場する。1台は中級モデルとして人気のある「iPad Air」で、額縁を細くした新しいデザインを採用した。もう1台が今回紹介する「iPad」で、「無印のiPad」とでも呼ぶとわかりやすい。モデル名はずっと「iPad」だが、一般に「世代」とともに称することが多い。今回の新モデルは「iPad 第8世代モデル」、1つ前のモデルは「iPad 第7世代モデル」となる。 価格はiPad 第7世代モデルと変わらず、3万4800円(税別)から。iPadの中では最廉価モデルで買いやすい。しかも、iPad 第8世代モデルは性能が一気にアップし、非常にレスポンスがよい。「超お買い得」となったiPad 第8世代モデルを詳しくレビューしていく。

■エントリー向けのコンサバなモデルだ

iPad 第8世代モデルの外観は、多くの人が見たことのあるiPadの代表的なスタイルだ。本体下部(冒頭の写真では向かって左側に)ホームボタンを搭載する。このボタンが指紋センサーになっているのもおなじみだ。これまでiPadの多くはこのようなデザインだったが、最近は額縁を細くしてホームボタンを廃止したモデルが増えている。3月に登場した「iPad Pro」やこの秋登場の新しいiPad Airはどちらもホームボタンがなくなっている。 ほかにもiPad 第8世代モデルは“保守的”な部分が多い。充電端子はアップルが広く採用するLightningだ。こちらも他モデルではUSB-C端子への移行が進んでいるが、変わらなかった。イヤホン端子も搭載する。 これらの保守的な設計は、新しい周辺機器をあまり買いそろえたくないユーザーには適している。エントリーモデルに位置づけられるiPad 第8世代モデルには、最適なアプローチと言えるだろう。

■性能が大きく向上した

iPad 第8世代モデルのCPU(中央演算処理装置)は「A12」だ。iPad 第7世代モデルが「A10」だったので、一気に2世代新しくなった。新iPad Airが搭載するCPUは最新の「A14」で、それよりも2世代遅れているが、実際の性能は文句のつけようがない。ちなみに、高価なiPad Proが搭載するCPUは「A12Z」。A12と全く同じではないが、世代的には同等と思ってよいだろう。 わかりやすく言うなら、iPad 第7世代モデルは入門向けだったので、性能もホドホドだった。しかしiPad 第8世代モデルは、入門向けに位置づけられながら十分なパフォーマンスがあり、ヘビーなゲームでも快適に使えるほど進化した。 ゲームなどの負荷のかかる用途に使わなくても、3年、4年と長く使った際に、性能の高さが利いてくる。年月を経ても処理が重くなりにくい。長く使えるという意味でも、お買い得度はiPad 第7世代モデルより格段にアップした。

【関連記事】