Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『ワイルド・ローズ』新場面写真公開 トム・ハーパー監督が絶賛する歌唱シーンも

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 6月26日全国公開の映画『ワイルド・ローズ』より、新たな場面写真が公開された。   本作は、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞インディペンデント映画トップ10に選出され、主演のジェシー・バックリーが本年度英国アカデミー賞(BAFTA)主演女優賞ノミネート、主題歌「Glasgow」が本年度アカデミー賞主題歌賞ショートリスト選出、放送映画批評家協会賞の主題歌賞にもノミネートされた人間ドラマ。 ほかの場面写真  溢れる才能とカリスマ性、大胆さを持つローズ=リン・ハーランは、グラスゴーを出てカントリー歌手になることを夢見ていた。だが、刑務所から出たばかりで、二人の子供を抱えるシングルマザーの彼女にとって、夢の舞台はあまりにも遠い場所だった。家政婦として資産家のスザンナの家で働き始めるローズ。彼女の歌を聞いたスザンナは、その才能に感銘を受け、彼女を応援することに。夢に近づくチャンスが到来し、彼女は家族とスターへの道の間で選択を迫られるのだった。果たして、ローズは夢の舞台へ辿り着けるのか。  『イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり』のトム・ハーパー監督がメガホンを取り、2017年英国アカデミー賞テレビ部門で6部門にノミネートされたドラマ『戦争と平和』以来のバックリーとのタッグが実現。ローズの母親役をジュリー・ウォルターズ、ローズに手を差し伸べる資産家のスザンナ役をソフィー・オコネドーが演じた。  公開された場面写真は、スコットランドのグラスゴーで暮らすシングルマザーのローズの日々を切り取ったもの。家族と様子や歌手として夢を追うローズの姿が捉えられている。歌唱シーンのカットでは、ギターを抱えて熱唱する姿や、穏やかな表情で歌う姿が切り取られている。  ローズを演じるバックリーとはTVシリーズ『戦争と平和』でも仕事をともにしたハーパー監督は、キャスティング理由について「彼女が並外れた女優であるからだけでなく、彼女の歌の才能も知っていたからです。これ以上の適役はいませんでした。また、歌っている姿を送ってもらったが、信じられないくらい素晴らしかった」とバックリーを賞賛している。

リアルサウンド編集部

【関連記事】