Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

タワーレコード渋谷店 従業員が新型コロナ感染で営業中止 7・29催事参加者に注意喚起

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 タワーレコードは4日、東京・渋谷店に勤務する従業員1人が新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことを公式サイトで公表。急きょこの日から渋谷店の営業を中止し、店内の消毒・除菌作業を行う。 【ジャケ写付き】今週のシングル・アルバム・映像作品リリース予定一覧  公式サイトによると、該当従業員は7月29日に同店で勤務、30日の公休を経て、31日に発熱し自宅療養。8月3日に病院でPCR検査を受けた結果、陽性であることが確認された。7月29日の勤務では、マスク、フェイスガード、ゴム手袋を着用していたものの、同店8階催事場で約10分間(午後2時/午後5時、各5分程度)業務したという。  この催事への来場者に向け、「体調の変化にご注意いただき、発熱などの症状が出た場合は、速やかに医師の診断をお受けいただくか、保健所または帰国者・接触者相談センターなどにご相談くださいますようお願い申し上げます。この度はご心配をおかけし大変申し訳ございません」と注意を喚起している。  また、この日はSexy Zoneシングル「RUN」、米津玄師アルバム『STRAY SHEEP』をはじめ、多くの新譜の店着日とあり、「新譜入荷日である8月4日(火)に急遽、営業を中止することで、新譜リリースを楽しみにしていただいていたお客様ならびにアーティスト、関係者の皆様には大変なご不便、ご迷惑をおかけし心よりお詫び申し上げます」と陳謝。同店の営業再開に関しては「従業員の健康状態の経過観察ならびに所管保健所の指導の下、決定し、あらためて当社ホームページなどでお知らせします」とした。

【関連記事】