Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

永瀬廉、伊藤健太郎が明かす“仲の良いジャニーズ”とは?<TOKIOカケル>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

8月12日(水)放送の「TOKIOカケル」(毎週水曜夜11:00-11:40、フジテレビ系)にKing & Prince・永瀬廉と伊藤健太郎が登場。永瀬は2年半ぶり、伊藤は初登場となる。 【写真を見る】「弱虫ペダル」撮影中の永瀬廉、伊藤健太郎らが無邪気な笑顔を見せるオフショット TOKIOがゲストの知られざる一面を引き出すため、今まで聞かれたことがないであろう質問をゲストにぶつける企画“生まれてはじめて聞かれました”では、二人は一切NGなしで回答する。 まず、「仲の良いジャニーズは?」と城島茂が質問。永瀬は事務所の先輩である関ジャニ∞の大倉忠義との交流を明かし、その親密な関係にTOKIOは仰天する。さらに、年に一度、開催しているというメンバーとの食事会についても語る。 伊藤は「平野紫耀くん、生田斗真くん」と名前を挙げると、なぜか松岡昌宏がにんまり。実は生田とプライベートで交流があり、伊藤とも昨年ドラマで共演した際に飲みに行ったという松岡。そんな芸能界の後輩たちを“松岡一派”と呼び、うれしそうな表情を見せる。 しかし、伊藤が憧れの人物として、ジャニーズ事務所のある人物の名前を挙げると一変。「泣きそうになった!」と共演した際のエピソードを興奮気味に話す伊藤に対して、松岡は「みんな、だいたいそうなのよ!」と嘆く。 ■ 永瀬「仕事に対するストイックさにビビった」 また、「人生でいちばんビビった人は誰?」と聞かれると、「あまりビビることがない」という二人。そんな伊藤が「背姿からとんでもないオーラを放っていて、ゾクゾクした」という女優を明かす。 一方、永瀬が「仕事に対するストイックさにビビった」と明かしたのは、ジャニーズ事務所の大先輩。その人物から自宅へ招待されたエピソードを振り返り、公私ともに憧れていることを真剣に語る永瀬を横目に、TOKIOがまさかの大暴走。 伊藤も巻き込まれてしまい、「本当マジで勘弁して!」と絶叫する。国分太一が「この番組、怖いでしょ?」と笑うと、永瀬は「怖いですね…」と、伊藤は「収録が始まって3分くらいで感じていました」とタジタジの様子を見せる。 他にも、永瀬は自身のスマートフォンで撮影した平野の写真を初公開したり、TOKIOも共感するKing & Princeのルールを告白する。 伊藤は「これだったら日本100位以内ナニ選手権?」で、驚きの特技をテレビ初公開。これまでゲストたちがさまざまな特技や自慢で挑むも、判定に厳しかった長瀬智也が伊藤の特技に興奮する。 ■ 永瀬廉、伊藤健太郎のコメント ――収録についていかがでしたか? 永瀬:人見知りが出てしまいました…。でもTOKIOさんとご一緒させていただくのは久しぶりでしたが、今回も楽しく盛り上げて下さってうれしかったです。TOKIOさんがますます好きになりました! 伊藤:TOKIOさんとの共演は今回が初めてでしたが、すごく楽しかったです! どんなトークを振られるのかひやひやした瞬間もありましたが、楽しかったです(笑)。TOKIOさんはテレビで見させていただいている印象、そのままでした。皆さん、本当に仲が良いんだなぁと思いました。 ――視聴者の方へメッセージをお願いします。 永瀬:メンバーの写真を公開したり、グループの話もたくさんさせていただいたので、King & Princeのファンの皆さんには絶対見てほしいです。他にもいろんな話をさせていただいたので、たくさんの方に楽しんでいただければうれしいです。ぜひご覧下さい。 伊藤:いろいろ盛りだくさんな放送になると思います。テレビの前で楽しんでいただけたらうれしいです。(ザテレビジョン)

【関連記事】