Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍でイベント中止に 市制50周年迎えた知多市、大府市 基金や融資・雇用対策などへ活用 関連予算で独自施策

配信

中部経済新聞

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響は多方面に及んでいる。知多半島の自治体のなかでも、今年で市制50周年を迎えた知多市と大府市は、関連事業が相次ぎ中止・延期に追い込まれている。どのイベントも、大勢の集客が基本となるためだ。国の緊急事態宣言から解除された愛知県だが、休業要請は部分解除にとどめ、段階的に経済活動を再開する方針。市民の健康・安心を考慮し、苦渋の決断を迫られた両市の動きを追った。

【関連記事】