Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カワサキ ニンジャZX-25R×ZXR250【輪廻#2:エンジン各部の寸法比較】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

現行モデル唯一無二の250cc直4を引っ提げて’20年にデビューするカワサキ ニンジャZX-25Rと、同社直4クォーターの原点であるZXR250。ヤングマシン編集部が独自に割り出した寸法から2つのエンジンを比較した。一見、25Rのエンジンは縦長、ZXRはギュッと凝縮されている印象だが、実際の寸法はほとんど同じ。横幅はほぼ同一だった。冒険はせずに堅実、そんな設計思想が見て取れる。

偶然か? 必然か? シリンダー角以外ほぼ同じ

ZX-25Rは、オイルフィルターを元にエンジンの寸法を推測で導き出し、ZXR250は’91年型の単体エンジンから実測。そのため、数値に誤差があるだろうことはご承知いただきたいものの、両車の数値は驚くほど似通っていた。

――2車のエンジン寸法は上のとおり(A~Cはオイルパン割り面を水平にして計測)。ZX-25Rは推測値だし、ZXRも実測値なので誤差は踏まえて見てほしいが…、一致しすぎ!?

真横から見た印象では、25Rはシリンダーが直立気味、ZXRは前傾している。そのため、25Rは背が高く、ZXRは前後に長く見えるのだが、実測値では25Rの方が全高で+10mm、前後長で+5mmとほぼ同じ。全幅(横幅)に関しては全く同寸だ。

――(左:ZX-25R)上下クランクケースの合わせ面に締結ボルトがやけに多い。正面だけで9本(ZXRは5本)。剛性メンバーとしてケース剛性を出すのが目的? (右:ZXR250)全高は低く見えるが25Rとほぼ同じ。シリンダー幅は25Rより狭そうだが、これはジェネレーターカバーの割り面の差か。横幅は同じ420mmと出た。

――(左)【ZX-25R:直立シリンダーで前荷重を稼ぐ?】シリンダーは25Rの方が3mm短く、ZXRよりショートストローク設定の可能性も? シリンダーが立ち気味なのは、エンジンをより前方に接近させ、前輪荷重を増やすのも狙いか? (右)【ZXR250:かなり前傾させて搭載】全高は25Rより10mm小さいだけ。25Rはオイルパンの割り面がほぼ水平となるよう搭載されるようだが、ZXRは左カバーのフィンからも分かるように、割り面より前傾して懸架されている。

【関連記事】