Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『半沢直樹』生放送で明かされた“攻めの演出” 原作からの変更点で予想する今後の展開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 「生放送しかないわね~!」(黒崎)、「そうか! その手があったか!!」(半沢)。 【写真】黒崎の「直樹」呼びは愛ゆえ!?  『生放送!!半沢直樹の恩返し』が9月6日21時からTBS系で放送され、俳優の堺雅人、香川照之、及川光博、片岡愛之助、児嶋一哉(アンジャッシュ)が出演した。これは、『半沢直樹』(TBS系)第8話の放送が感染症予防の影響で延期されたことにともない、急きょ企画されたもの。TBS緑山スタジオからの生放送では、冒頭のスペシャルムービーに続いて、キャスト自らが『半沢直樹』の舞台裏を解説。話題になったシーンや撮影の裏側が明かされるなど、ファンにとって願ってもないプレゼントとなった。  撮影ではテスト段階からカメラを回し、アドリブを重ねる中で本番テイクを採用。半沢と大和田が顔を合わせる大階段のシーンで、大和田の「お・し・ま・いDEATH!」は香川の発案によるものだった。香川によると、土下座を食らった大和田は「人間として何かの細胞が壊れている」。その大和田が宿敵に放つ第一声として、「DEATH」という言葉が撮影当日に浮かんだとのこと。ただし「1回目から言うのは頃合いがまだよろしくない」ということで、3回目のテイクで初めて披露した。渾身のアドリブを浴びた堺は笑いを堪えるのに必死で、カットがかかると思わずその場に崩れ落ちるほどだった。「試練」と呼ぶアドリブ合戦を、堺は「ひどい目に遭いました」と笑顔で振り返った。  第7話の「おーねーがーいーしーまぁーーす!」(半沢)や、第6話の「沈ヴォッツ!」(大和田)は堺のアイデア。半沢と大和田が曾根崎(佃典彦)を問い詰める第7話のシーンは歌舞伎の「繰り上げ」に着想を得たもので、台本で大和田一人のセリフを現場で相談し変更。堺と香川の演技プランが完全一致していたことも明かされた。  視聴者からの質問では、渡真利を演じる及川に「情報収集しすぎて本業は大丈夫か?」と心配の声も。及川は「半沢にしか見えていないという都市伝説がある」と冗談めかしつつ、「渡真利がいなかったら、前作の第3話で詰んでます」と存在感をアピールした。また、黒崎を演じる片岡は、半沢を「直樹」と呼ぶようになった理由について、「好きなんですよね。愛がある」と告白。さらに、白井(江口のりこ)の秘書・笠松役の児嶋に、演出の福澤克雄監督が「“良いエンジン”を持っている」と俳優としての評価を伝える一幕もあった。  「今の役以外で誰を演じたいか?」という問いに、「大和田」(堺)、「黒崎」(及川)、「頭取」(香川)、「渡真利」(片岡)と続けて、最後に児嶋が「半沢!」と答えて笑いが起きるなど、和気あいあいとした雰囲気の中、生放送は終了した。  残り3話に期待が高まる放送となったが、あらためて今後の展開を予想してみたい。原作の『銀翼のイカロス』(ダイヤモンド社/講談社文庫)では、帝国航空の再建を任された半沢が、債権放棄を迫る国交大臣の白井とタスクフォースにノーを突きつける。ドラマでは第7話で谷川(西田尚美)ら銀行連合とともに、債権放棄の拒否を表明。またここに来て新たなキャラクターの登場も予告されている。  もともと『銀翼のイカロス』は、半沢が勤める東京中央銀行の前身、産業中央銀行と東京第一銀行の合併によって生じた行内の軋轢が物語の基本線にある。両行の経緯については、これまで会話の中で触れられる程度だったが、「行内融和」は『半沢直樹』シリーズの大きなテーマ。これには、原作者・池井戸潤がバンカーとして過ごしたバブル後の銀行を取り巻く状況が反映されていると思われる。現代に設定を移したドラマ版では、東京中央銀行の合併をめぐる問題に半沢も直面することになりそうだ。  また、原作で大物政治家・箕部(柄本明)と強いつながりのある地元・舞橋が、ドラマでは伊勢志摩に変更されている。伊勢志摩と言えば、前作で、半沢が再建に尽力した伊勢島ホテルが思い浮かぶ。偶然の符合かもしれないが、半沢と堅い絆で結ばれた同ホテル社長・湯浅(駿河太郎)の登場にも期待したい。箕部との黒いつながりが示唆される常務の紀本(段田安則)や、中野渡(北大路欣也)の元部下で小料理屋の智美(井川遥)も、合併時の秘密を知る人間としてクローズアップされることになるだろう。  平成の民放ドラマ史上最高の視聴率という伝説を塗り替える勢いの『半沢直樹』。その陰には、俳優陣とスタッフによる、決して妥協を許さない“攻めの演出”があった。伝統芸能を取り入れながら、大胆な翻案によって現代にアップデートされた『半沢直樹』最終盤の幕開けを心して待ちたい。

石河コウヘイ

【関連記事】