Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

依存してくる母と距離を置いてしまいました…アン ミカさんが考える母娘とは

配信

webマガジン mi-mollet

タレントのアン ミカさんとともに、人生の第二ステージ「セカンドステージ」を前向きに考えていく連載です。 【写真】アン ミカさんの素顔と私生活 夫婦・親・子どもとの関係や職場の人間関係や自分自身の将来や健康など、人生の第二ステージを前にしたミモレ世代の悩みのタネは尽きません。今回はミモレ読者から寄せられたお悩みをアン ミカさんとともに考えていきます。  日常の変化を嘆くのではなく、この悩める時間を、これからの人生を前向きに舵取りしていくための準備期間に充ててみませんか?  【親子関係のお悩み】 母について。 私の母は、父からずっとDVを受けていました。私が物心ついた時にはその状態でした。それはもう酷かったです。骨にヒビが入るほど蹴り続ける、首を絞める、殴る、引きずる、大きな声で罵倒を浴びせる。 私が成人した時に、両親を離婚させました。離婚届を役所へ取りに行き、父母それぞれに記入してもらい。母には第二の人生を楽しくおくって欲しかったのです。 しかし、母は……。 「もう男は勘弁」だと言って再婚はしませんでした。しかし歳を重ね、寂しさが増してきた母は、私へ依存するようになりました。一日に何十回も電話してくる、突然やって来る。母は50代に入って度重なる病で入退院をして、もう働けなくなり、私にすべてをぶつけてきました。 私は当時、2番目の夫と生活していて、母のことが重荷になっていました。そんなこんなの間に母は鬱になってしまい、電話でいつも死にたいと言うのです。 私は、母によく言いました。「娘に死にたいなど言ったらダメ! 親子だから何でも言っていいは違うけんね!」と。 母とうまくいかなくなったのは14年前くらいからです。最初は「あれが食べたい」「ここへ行きたい」「これが欲しい」と言う母へ、親孝行のつもりで接していました。しかし、何度も死にたいと言ってくる母に私は我慢できず「死にたいなら勝手に死ねば?」と言ってしまいました。 母は大量の睡眠薬を飲んで運ばれました。 それ以降私は母と距離を置くように……。 私は3度目の結婚で地元の九州を離れ関東に行きました。また電話の嵐です。 寂しい、会いたい、死にたい……。 着信拒否しました。 私は自分の幸せを掴みたくて、3度目の結婚が最後だと思って旅立ちました。結婚のあいさつの時以来、会っていません。今は時々電話で話す程度を保っています。まだ、死にたいと口にすることがあります。 母がひとりで寂しいのはわかります。娘に会いたいのもわかります。 でも、私は母に会いたいと思えません。心配していないわけではありませんし、とても気になります。ですが、また私に執着してしまうのではないかと思うと会う気にはなれません。できることならそっとしておいて欲しいのです。ひどい娘ですよね。 親子も難しいですね。 今後、母に介護が必要になったら?と考えると気持ちが滅入ります。兄がいますが、母とは疎遠です。私も兄と疎遠です。私の家族はみんなバラバラなのです。 (marika77さん・45歳)

【関連記事】