Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

麻生久美子、子供の頃、ザリガニ食べて「甘エビみたい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SmartFLASH

 麻生久美子が、7月10日放送の『A-Studio』(TBS系)で学生時代について語った。  笑福亭鶴瓶から「草、食べてたんやて?」と聞かれたが、本人は「うーん」とあまり覚えがなく、「ザリガニはおいしかったけど。ゆでて、しょうゆをつけて。甘エビみたいな感じです」と自ら別のエピソードを披露。  友人からの情報として、麻生は子供の頃、よく道路で大の字になって寝ていたという。「道路が温かくて気持ちいい。寝てたら車が止まったんですよ。それがおもしろかったんです」と回想。また、小屋のクギに頭をぶつけて大流血し、「血がプァーッと噴水みたいに吹き出して、体操服が血だらけになって家に帰ったんです」と大笑いだった。  また芸能活動には「いかがわしい雑誌に出たことがあって」と告白。街でスカウトされ、事務所に入り、タイで雑誌のグラビア撮影をしたが「(雑誌が)出たら、エロ本だった」と明かす。  さらに「そのエロ本のときに勝手に芸名つけられたんです。年齢も私、若かったから、1歳上に書かれて。芸名も雑誌で見て、『何、この名前』って初めて知って」と回想。「それが今も私の旧芸名とかで書かれてて嫌だな、って。(今回)言えてよかった」と訂正できたことに安堵していた。  ドラマ『MIU404』(同局系)出演の麻生。演技派女優は若い頃からブッ飛んでいた。

【関連記事】