Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

田中圭“瀬野”を病魔が襲う「最後にどう生きるかは自分で決めたい」<アンサング・シンデレラ>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

石原さとみが主演を務める木曜劇場「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)の第9話が、9月10日(木)に放送される。 【写真を見る】部長の販田(真矢ミキ)に精密検査を受けることを報告する瀬野(田中圭) 本作は、連続ドラマ史上初となる病院薬剤師が主人公の医療ドラマ。病院薬剤師たちが“縁の下の力持ち(=アンサングヒーロー)”として患者のために奮闘する姿を描く。 原作は荒井ママレ(医療原案=富野浩充)による同名漫画、脚本は「グランメゾン東京」(2019年、TBS系)などを手掛けた黒岩勉が務める。 石原が演じるのは、キャリア8年目の薬剤師・葵みどり。また、薬剤部に新人としてやって来る相原くるみを西野七瀬、薬剤部副部長の瀬野章吾を田中圭が演じている。 ■ 瀬野が命に関わる病に!? 第8話のラストで吐血し倒れた瀬野。第9話では、彼の検査の結果が明らかになる。 薬剤部のメンバーには「全然大丈夫。すぐに治るし問題ない」と笑顔を見せる瀬野だったが、第9話の予告動画では「瀬野に迫る命のタイムリミット」というテロップや、「最後にどう生きるかは自分で決めたいんです」と語る瀬野の姿。 さらに、「俺の治療と薬のことは全て薬剤師の葵みどりに任せる」とも宣言している。彼に告げられた病名とは。 ほか、薬の過剰摂取に苦しむ陽菜(徳永えり)が入院。みどりらは、過剰摂取を止めさせようと奮闘する。 ■ 注目の第9話では―― 瀬野章吾(田中圭)が葵みどり(石原さとみ)の目の前で倒れた。救急センターに運ばれ豊中瑠衣(臼田あさ美)の治療を受けた瀬野は、すぐに意識を取り戻す。詳しい検査を受けることになるも、付き添って来たみどりに仕事に戻るよう指示した。 翌朝、萬津総合病院には瀬野が倒れたといううわさが広がり、調剤室にも伝わる。が、いつものように顔を出した瀬野は逆流性食道炎だったと仲間たちを安心させる。 そんな瀬野に、刈谷奈緒子(桜井ユキ)は静養した方が良いと忠告。同意した瀬野は、みどりに救急センターの手伝いを頼む。 その後、瀬野は販田聡子(真矢ミキ)に、瑠衣から肺に腫瘍の疑いがあると指摘されたため精密検査を受けると報告。そんな時、瀬野に救急センターから急患の呼び出しが入る。 搬送されて来たのは若月陽菜(徳永えり)。陽菜の所持品から薬を探した瀬野は、抗不安定薬の大量の殻を見つけ、オーバードーズ(薬の過剰摂取)を疑う。 処置にあたっていた瑠衣は、みどりに薬袋の調剤薬局に連絡して陽菜への処方歴を確認するよう頼んだ。 すると、陽菜は複数の医療機関から同じ病気の処方箋を受け取り、大量に薬を手に入れていた事が判明。みどりは相原くるみ(西野七瀬)と病室へ服薬指導に行くが、みどりは反抗的な陽菜にからかわれてしまう。 瀬野は、精密検査の結果を消化器内科の畑中聡(長谷川朝晴)から知らされる。それは瀬野にとって受け入れ難いものだった。 (ザテレビジョン)

【関連記事】