Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

姫路セントラルパークの楽しみ方をガイド!まさに野生の王国、巨大テーマパークを遊び尽くす

配信

ウォーカープラス

姫路セントラルパークの見どころから季節ごとの楽しみ方まで、おでかけの前に知っておくと便利な情報を徹底レポート!(※記事内で紹介している展示やアトラクション、イベント、施設等は、休止・中止または内容が変更になっている場合があります。ご注意ください) 【写真】日本ではわずかな数しか飼育されていないホワイトタイガー ■姫路セントラルパークってどんなところ?一年中楽しめる“遊び”の宝庫 甲子園球場48個分という広大な敷地内に、サファリパークや遊園地が連なり、夏はプール、冬はアイススケートも楽しめる姫路セントラルパーク(兵庫県姫路市)。 2019年に開業35周年を迎え、近年は“ここは、日本一心の距離が遠いサファリパーク。”という自虐CM動画でも話題を集めているユニークな同施設の魅力を大紹介! ■【アクセス】姫路駅から直通バスで楽々アクセス! 公共交通機関を利用する場合はJR姫路駅北口からバスを利用。朝9時から30~60分(土・日曜・祝日は15~60分)間隔で直通バスが運行している。所要時間約30分、運賃は大人550円、小児280円。また、神姫バスの路線バス(74番)でもアクセス可。 神姫バス 姫路駅前案内所では、路線バス(往復乗車料)と入園券がセットになったお得な限定チケット(大人4250円、学生3800円、小学生2300円)も販売している。 車の場合は、山陽自動車・播但連絡道路の山陽姫路東ICから一般道で約5分とアクセス抜群だ。駐車場は5000台、普通車1日1000円、大型バス1日2000円、二輪車1日200円。 入園料金は、一般3600円、小学生2000円、幼児(3歳以上未就学児)1200円。入園料金には、サファリパークの入園料(ドライブスルーサファリへはマイカー、またはサファリバス乗車券が別途必要)のほか、遊園地の入園料(のりもの券が別途必要)、さらにはプール(夏期)・アイススケート(冬期)の入場料も付随している。当日現地で購入できるほか、セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップのコンビニエンスストアでは、最大100円割引となる事前前売り券も販売している。 提携サイト「asoview!」の前売り電子チケットも便利。こちらはPC・スマートフォンから事前購入ができ、当日はスマホの画面を見せるだけでスムーズに入園できる。 ※料金はすべて税込。 ■【見どころ1】車・徒歩・空と3つのアプローチでサファリを満喫! サファリパーク巡りのスタートは「ドライブスルーサファリ」から。マイカー、またはサファリバスの2通りから選べ、マイカーの場合は車でサファリパークへの出入口となる「サファリゲート」へ向かう。そこでGPS音声ガイドとサファリパンフレットを受け取り、そのまま道なりに進んでいく。一方のサファリバスは遊園地入口左側のバス停へ。そこで乗車券(1座席・往復800円。完全予約制)を購入し、指定のバスに乗って出発する。 「サファリゲート」から入り、いよいよ「ドライブサファリ」が幕を開ける。最初に通るのが「猛獣ゾーン」。チーター、ライオン、トラの順に、猛獣たちの横を通っていく。ほぼ野生に近い状態で飼育されているため、動物たちの行動は全く予想ができない。車の前に座り込んで進行を阻んだり、ライオン同士が突如ケンカを始めたり…ハラハラ、ドキドキの連続だ。 緊張感のある「猛獣ゾーン」を抜けると、その先にA・B・Cの3つのセクションに分かれている「草食ゾーン」、そして「大型草食ゾーン」。アミメキリン、ムフロン、アメリカバイソン、カバ、ミナミシロサイなど、21種類の動物たちを間近で観賞できる。 サファリバスはもちろん、マイカーでも道中はGPSナビゲーションでの音声ガイド付きなので、それぞれの動物の生態などの知識も深められる。 「ドライブスルーサファリ」の所要時間は40分ほど。そのあとは車を降りて「ウォーキングサファリ」ゾーンへ。緑に囲まれたコースを散策しながら、約40種の動物を見て回れる。なかにはホワイトタイガーやホワイトライオンといった希少な動物も。いくつかのポイントでは飼育係による解説を聞くことができるほか、一部の動物へのえさやり(1動物200円~)も実施。動物たちと直接触れ合うことができる。 小さな子供たちには「チャイルズファーム ふれあいの国」も人気。イヌやヤギ、ポニー、アヒルなどのかわいい小動物と触れ合い体験ができて仲良しになれる。えさやり(1動物200円)や乗馬体験(ポニー1周300円ほか)も楽しめる。 さらに、サファリパーク全体を見下ろせる「スカイサファリ」もぜひ乗りたい。「ウォーキングサファリ」の山麓にある「野生の国」駅とサファリパーク山頂の「ふれあいの国」を結ぶ全長約317メートルのロープウェイで、無料なのもうれしい。 ※価格はすべて税込。 ■【見どころ2】まだまだ遊び足りない人は遊園地ゾーンへ! 姫路セントラルパークのもうひとつの楽しみが遊園地ゾーン。入園料はサファリパークの入園料金に含まれているが、アトラクションは別途のりもの券が必要。1回につき300~500円で、絶叫系コースターの中には700円、800円、1000円といったものもある。そのため思う存分、乗りたい人にはアトラクションフリーパスがお得。一般3000円、小学生2700円、幼児(3歳以上未就学児)1200円で、入園料とのセットチケットを購入するとそれぞれ100円割引になる。 アトラクションはスリルライド、カート&トレイン、ファミリーアトラクション、キッズアトラクションに分かれていて、その数は40種類以上。 なかでも、特に人気なのがスリルライド系。1994年に日本初のスピーディーインバーテッドコースター(吊り下げ式)としてお目見えした「ディアブロ」を筆頭に、地上約35メートルから垂直落下する「フリーフォール」、最高時速75キロのループ&スクリューコースター「ハリケーン」など、個性豊かな9つの絶叫コースターが待ち構えている。 ほかにも、高さ85メートルの「ジャイアントホイール(大観覧車)」や世界最大級のメリーゴーランド「グランカルーセル・ペガサス」など、絶叫系が苦手な人、ファミリーやカップル、そして小さな子供も安全に楽しめるアトラクションがめじろ押しだ。 ※価格はすべて税込。 ■【グルメ・お土産】サファリパークは軽食が中心。しっかり食事したいなら遊園地ゾーンへ サファリパーク内には「EAT&Cafe ダニエリ」と「エレファントカフェ」の2つのカフェがある。ホットドッグやフライドポテトといった軽食や、ソフトクリームなどのスイーツが味わえるので疲れたらひと休みを。 動物たちとたっぷり触れ合ったあとは、「ふれあいの国」にある「スーベニアショップ コンタット」へ立ち寄るのも忘れずに。ぬいぐるみをはじめ、かわいい動物をモチーフにしたオリジナルグッズがズラリ。来園記念のお土産選びにぴったりだ。 また、遊園地内にも「ファミリーレストラン アズーロ」(和食・中華)、「洋食レストラン ビアンコ」(洋食)、「バーガーショップ バンバン」(ハンバーガーショップ)の3つのレストランに加え、軽食スタンド「ドリンクⅡ」、アイスクリーム・チュリトスショップ「ホワイトベア」とグルメスポットが充実。しっかりと食事をとりたいとき、ちょっとしたおやつ休憩など、シーンに応じて使い分けよう。 ※価格はすべて税込。新型コロナウイルスの影響によりアトラクションが休止になる場合あり。詳細は公式サイトで確認を。 ■【イベント】夏はプールとナイトサファリ、冬はスケートも楽しむべし! ここからは「姫路セントラルパーク」の季節の楽しみ方を紹介。 毎年7月中旬~8月31日頃の夏季限定で営業するのがプール。その期間中、遊園地内の「アクエリア」が開放される。1周約260メートルのひょうたん型をした「流水プール」、南の島のビーチをイメージした「渚プール」、大小7つのプールが段々畑のように積み重なる「ロックプール」、特大ジャグジー付きの「キッズプール」の4つのプールに加え、スリリングな5つのスライダーも見逃せない。 8月のお盆期間(2020年は開催日未定)は、営業時間を延長してナイトプールを実施。プールサイドには、きらびやかなイルミネーションが点灯し、幻想的な雰囲気に包まれる。同期間には「真夏の花火フェスタ」も開催され、プールの中やデッキで涼みながら打ち上げ花火をのんびりと観賞できる。 そして夏のもうひとつの楽しみが「ナイトサファリ」。こちらは毎年7月中旬~9月中旬頃の土・日曜・祝日(8月のお盆期間は平日も実施)に開催される。時間は19時から21時(時期により一部変更あり)。ライトアップされたサファリ内をマイカー、またはサファリバスで巡る。普段は見ることができない、野生動物たちの夜の生態を知れる貴重な体験だ。 プール(デッキの特別席は別途有料。1日2500円~)、ナイトサファリ追加料金はかからず、通常の入園料で参加できるのもうれしい限り。日中はプールを楽しみ、夜は「ナイトサファリ」とセットで楽しめるのも夏休みならではの醍醐味だ。 一方、毎年11月下旬から翌4月上旬まで営業するのが「アイスパーク」。遊園地内でもひと際目を引く白亜の城の中に、56×26メートルのアイススケートリンクが出現する。こちらも通常の入園料金で自由に出入りできる。スケート靴のレンタルは300円で、アトラクションフリーパス(年間パスも可)の購入者は無料に。営業期間中の毎週土・日曜・祝日は初心者無料レッスン(1日2回実施・1回30分)も開かれるので、ビギナーは参加するのも手だ。 スリル満点のドライブサファリ体験をはじめ、動物たちとの触れ合い、遊園地のアトラクション、さらにはプール、アイススケートと見どころが尽きない姫路セントラルパーク。周辺には塩田温泉、置塩温泉という2つの温泉地が点在し、同所のホテル・旅館と提携したお得な宿泊プラン(詳細は公式サイト参照)も用意。温泉旅行とセットで満喫するのもおすすめだ。 ■【おすすめ】施設担当者に聞く!姫路セントラルパークの魅力・楽しみ方 「遊園地とサファリパークを併設したレジャー施設です。サファリパークでは190種類1200頭羽の動物を飼育していて、マイカー、観光バスに乗ったまま入場することができる『ドライブスルーサファリ』、間近に動物を見ながら歩いて回る野生の国『ウォーキングサファリ』があります。小さなお子様でも安心して動物と触れ合える『チャイルズファーム』もあります。遊園地には絶叫マシーンから子供向けまで40種のアトラクションがそろっていて、ファミリーからカップルまでお楽しみいただけます。さらに夏はプール、冬はアイススケートと年間を通じてお楽しみいただけます!」(姫路セントラルパーク 広報 幸崎 誠さん) 【新型コロナウイルス感染拡大予防対策】 ・サファリパーク内、トイレ、各手洗い場にはアルコール消毒スプレーを設置しています。手洗い・アルコール消毒のご協力をお願いします。 ・飛沫防止のため、テイクアウト飲食カウンター、売店レジカウンターには透明のビニールシートを設置しております。 ・発熱(37.5度以上)、咳、倦怠感などの症状がある方は来園をお控えください。また、入園の際はマスクの着用をお願いします。 ・従業員のマスク着用、出勤前の検温を徹底しております。 取材・文=河合哲治郎 ※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。 ※記事内の価格は特に記載がない場合は税抜き表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。 ※2020年5月時点の情報です。

【関連記事】