Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「手術中に地震が来たら…?」患者の不安トップ5、医師が解答

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
幻冬舎ゴールドオンライン

「手術が必要です」と言われたとき、ほとんどの人が不安を感じます。手術が怖くて先延ばしにしてしまう人も珍しくありません。気になる点はしっかりと確認し、より安心した状態で手術に臨みましょう。年間1500件の白内障手術を手掛けるスゴ腕ドクター佐藤香氏が解説する本連載。今回のテーマは「手術前の5つの不安」です。※本記事は、アイケアクリニック院長の佐藤香氏の語り下ろしによるものです。

痛そう、怖そう…誰もが感じる「手術の不安」

「手術」と聞くと、どういうイメージを持つでしょうか。痛そうとか、怖いと思う方がほとんどだと思います。 私は月300件もの白内障手術を行っているのですが、執刀医として直接患者さんから手術に対する不安の声を伺います。手術が必要ですよ、このように行いますよと説明したときや、実際に手術室に入ったときなど、様々な場面でお聞きしています。 手術する部分が「目」というのもありますし、手術自体が初めてという患者さんも結構多いんです。とにかく、強い不安をお持ちの方が多いんですね。本記事では、少しでもそれを解消できるよう、よく質問される「手術前の5つの不安」に答えていきたいと思います。

Q1:「目の手術」ってどれくらい痛いんですか…?

最も多く聞かれるのは、「痛み」についてです。やはり多くの方が不安に思うところなんですね。 でも、白内障手術に関しては心配無用です。事前に麻酔をかけるので、手術中に痛みを感じることはありません。また、麻酔と聞くと「針で刺されるんじゃないか」と心配する方もいらっしゃいますが、実は目薬で差すだけなんです。もちろんしっかりと効くので、手術中の痛みも防いでくれます。 ただ、稀なケースではありますが、手術の難度が高いときや、眼が大きい方(近視が強い方などが該当)など、通常より痛みを強く感じやすい場合もあるんですね。その際はさらに強い麻酔として、目の奥にも麻酔のお薬を入れることになります。といっても、この麻酔自体も痛いものではありませんし、もちろん麻酔効果も高まりますので、術中の痛みも改善できます。 痛みに対する不安が強い方はたくさんいらっしゃいますが、白内障手術ではまったく心配ないので、ご安心ください。

【関連記事】