Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Apple初の折りたたみ式スマホは「iPhone 12 Flip」に? “折り曲げ式iPhone”に関する情報も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 Appleが折りたたみ式iPhoneを開発しているという様々な噂や“証拠”とされる映像/画像は、これまでにも多数報じられてきた。 【写真】折りたたみiPhoneの存在を裏付けるAppleの特許  そんななか、YouTubeチャンネル『ConceptsiPhone』は、「iPhone 12 Flip」なるコンセプト動画を公開した。動画内では「iPhone 12 Flipには、クワッドカメラ、革新的なフリップ・ディスプレイ、専用のオペレーティング・システム『FlipOS 14』が備わっているだろう」としている。 ・見た目はSamsung Galaxy Z Flipそっくり?  これを受けて『Cult of Mac』は、このコンセプトが現実的な折りたたみ式iPhoneのデザインを示していると伝えた(参考:https://www.cultofmac.com/719692/youll-flip-for-this-iphone-12-flip-concept/)。  Appleがスマホ市場に投入する折りたたみ式iPhoneは、競合メーカーのSamsungが、すでにリリースした『Samsung Galaxy Z Flip』に似ていて、水平方向に折りたたまれ、縦長のディスプレイになるだろうとしている。  その最初のモデルは、iPhone 12を折りたたみ式にしたような設計になると予想されている。同メディアは「Appleが折りたたみ式iPhoneに用いるデザインは、今のところ不明だが、iPhone 12をベースにしたものになるだろう」と見ている。 ・新たな特許は、フレキシブルiPhoneを示唆  Appleは2020年初頭、フレキシブルなディスプレイがシワになるのを防ぐように設計された革新的なヒンジメカニズムの特許を取得。4月にはフレキシブル・バッテリーの特許を取得していた。  折りたたみ式スマホはすでに市場に出回っているが、ディスプレイにシワができるというトラブルに象徴されるように、耐久性が課題になっている。そこでAppleは、1つのディスプレイを折りたたむのではなくで、まずは複数の分離したディスプレイをつなぎ合わせる方法で、その問題をクリアするのではないかと見られている。  Apple関連の先行情報のリークで実績がある『Front Page Tech』のJon Prosser氏も同様の見方をしている。そのため「折りたたみ式iPhoneは、折りたためない」という表現を用いている。  また、米国特許商標庁が新たに公開したAppleの77の特許には、折りたたみ式デバイスのものが含まれていると『Patently Apple』が報じている(参考:https://www.patentlyapple.com/patently-apple/2020/08/apple-won-77-patents-today-covering-fabric-sensing-foldable-devices-a-windows-safety-system-for-vehicles-and-more.html)。  これは、「フレキシブルな電子デバイス」というタイトルで、2011年にヨーロッパで初めて特許出願が確認されたものだという。図では、まるで三面鏡のようにフレキシブルに3つ折りにできるスマートフォンが示されている。この技術は、スマホに限らず、タブレットやパソコンにも応用できるものだ。  折りたたみ式iPhoneの先には、新たに取得された特許のような“ぐにゃっと折り曲げる式のiPhone”も登場するかもしれない。

Nagata Tombo

【関連記事】