Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

膀胱炎の予防のカギは免疫力。生理前後に気をつけたいこと

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

女性に多いと言われる「膀胱炎(ぼうこうえん)」。日常生活でできる予防法はあるのでしょうか? 泌尿器科専門医の二宮典子先生に教えていただきました。 40代女性がぶつかる壁。「明日死ぬかも」が大袈裟じゃない理由

膀胱炎の予防法。生理中の過ごし方は?

ESSE読者の健康に関するお悩みに、専門家が答えてくれました。 「35歳のときに膀胱炎になり、治療しました。膀胱炎は再発しやすいと聞いて不安です。日常生活でできる予防法があれば教えてください」(りょうこさん・41歳)

●2人に1人がかかる、といわれる膀胱炎。免疫力を落とさない生活が大事 膀胱炎にも種類がありますが、いちばん多いのは「細菌性膀胱炎」です。大腸菌などの細菌が尿道から膀胱に入ってしまい、膀胱の中で菌が増えて炎症を起こして痛みや残尿感、頻尿といった不快な症状が出ます。 本来、膀胱内は無菌ですが、尿道の周りや外陰部にはいろんな菌が付着しているので、膀胱へ侵入してしまうことがあります。元気なときであれば、菌が入ったとしてもすぐに増殖することはなく、排尿時に膀胱内の菌が外へ出ます。 しかし、免疫力が落ちていたり、トイレに行けずに膀胱に尿がずっとたまった状態が続くと、菌が増殖して感染してしまうんです。 生理前後や生理中は、ストレスが多くなり、それによって免疫力が落ちる人も。長時間ナプキンやおりものシートを当てていると菌が増殖しやすくなるので、まずはこまめに交換して清潔を心がけて。またこの時期の性交渉も膀胱炎にかかりやすくなるので、セックスのあとはすぐに排尿するようにしましょう。

●排尿や排便のあとは、前から後ろにふく 排尿や排便のあとは、大腸菌が腟から侵入するのを防ぐため、必ず前から後ろにふくようにして。また温水洗浄の刺激は、じつはあまりよくないので使用は控えめに。 膀胱炎は再発を繰り返す人も多い病気です。再発を防ぐには免疫力を落とさない生活を心がけること。 もっとも大切なのは睡眠です。十分な睡眠がとれていると自律神経が整い、免疫力アップにつながります。 また過度なストレスも免疫力低下につながるので要注意。疲れやストレスをためないように気をつけましょう。 <イラスト/野田節美 取材・文/ESSE編集部> ●教えてくれた人 【二宮典子先生】 女性医療クリニックLUNA心斎橋院長。泌尿器科専門医・指導医、漢方専門医。香川大学卒業後、大阪市立大学医学部泌尿器科入局。2015年、女性医療クリニックLUNA心斎橋を開院

【関連記事】