Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

古代米、陽光浴び色鮮やか 花泉で刈り取り始まる【岩手】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
岩手日日新聞社

 一関地方は15日、朝から晴れて気温が上昇した。盛岡地方気象台によると、最高気温は一関で34度、千厩で32・4度を観測する真夏日となった。この暑さの中、一関市花泉町花泉字境前の熊谷眞平さん(82)方では古代米の刈り取りが始まった。  熊谷さんは花泉古代稲生産組合の組合長を務め、広さ約5アールの圃場(ほじょう)で朝紫、カンニホ、夕やけもち、亀の尾など15品種を栽培。食用としているのは2品種で、残りはドライフラワーや稲わら細工の材料となる。  種まきや刈り取りなどは熊谷さんが手作業で行う。刈り取りは10月末ごろまで続くといい、食用の朝紫と夕やけもちは10月上旬ごろに収穫するという。  熊谷さんは「古代米は品種によって穂の色、高さ、育つ早さが全然違う。今年は平年並みの出来になった。組合員は減ってきているが、需要がある限り栽培を続けたい」と話している。

【関連記事】