Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

担当外の仕事2割までOK やりがい向上、政策反映 環境省

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
時事通信

 環境省は、職員が業務時間のうち20%までを担当外の活動に充てることを認める方針を決めた。  米グーグルなどの取り組みを参考に「霞が関版20%ルール」と命名。職員が配属先と異なる部署の業務に関われるようにして仕事のやりがいを高めるほか、幅広い視野に基づく政策づくりを促す。  10月末ごろから試行し、2021年度から本格実施する。中央官庁では初の試みとみられる。  活動内容の届け出を所属部署の上司に提出し、公務として認められれば原則誰でもできる。環境政策に貢献することが条件だ。新ルールは働き方改革を掲げる小泉進次郎環境相の下、同省職員のアイデアから生まれた。  具体的には「省内副業型」「新規開拓型」などのタイプに分類。省内副業型は、関心ある他部署の業務に貢献するもので、例えば国際交渉に携わっていた職員が、異動後も継続的に関われるようにして、専門性の高い人材育成につなげる。  新規開拓型は、環境関連でも省がまだ携わっていない分野の開拓を想定。例えば服の大量廃棄問題といったファッション産業での環境課題などが挙げられる。担当外分野の企業との勉強会や学会に参加したり、関係者と議論したりする活動を認めることで、社会のニーズに合った政策づくりを進められるようにする。 

【関連記事】