Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サンダーのダニーロ・ガリナーリが集中開催の利点を語る「バスケットボールに集中できる」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NBA Rakuten

オクラホマシティ・サンダーのダニーロ・ガリナーリが、先日オンラインでのメディア取材に応じた。7月3日に、その模様を『eurohoops.net』が伝えている。 今月再開するNBAはフロリダ州オーランドのディズニー・ワールド・リゾートでの集中開催となる。世の中から隔離されるなど、大幅に行動を制限されての実施についてネガティブな反応を示す選手もいる。しかし、ガリナーリは、一か所開催となることでの利点もあると語る。 「良いことは、気を散らすものが多くないことだ。本当にバスケットボールしかないので、練習をして多くの試合をプレイするための準備をするだけ。少し適応する必要があるけど、いずれ慣れていくだろう」 ただ、一方で新型コロナウイルスへの感染対策によって、数か月にわたって十分に身体を動かせていなかった状態からコンディションを上げていくのは簡単なことではないと続ける。 「試合でプレイできる身体に戻すのは最も難しいことだ。練習や個人のワークアウトはやりたいだけできるけど、それは試合とは違うものだからね。これは大変なことで、何か新しいものとなる。オーランドで数週間を過ごした後、何か良いアイデアが生まれると思っている。ただ、今は何もない」 今季開幕前、サンダーはラッセル・ウェストブルックやポール・ジョージが移籍したことで、下馬評ではリーグ下位に沈むとの予想が少なくなかった。しかし、ここまで40勝24敗と良い意味で予想を裏切る好成績を残している。 今季新加入のガリナーリはここまで平均19.2得点、5.5リバウンド、3ポイントシュート成功率40%以上という活躍でサンダーの躍進を支えている。また、豊富な経験を持つガリナーリは、若手が多いチームにとって、司令塔クリス・ポールと共にリーダー役としても頼りになる存在となっている。

NBA Rakuten