Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

90年代マニア必見! ソフィア・コッポラとゾエ・カサヴェテスがホストを務めた番組って?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE GIRL

1994年、映画監督のソフィア・コッポラとゾエ・カサヴェテスがコメディセントラル(米コメディチャンネル)で番組『ハイ オクタン(Hi Octane)』を持っていたことを知ってる? 当時のふたりはまだ20代前半。ファンがアップしたであろうYouTube上の『ハイ オクタン』を観ると、クールな90年代の瞬間にスリップした気分になれる。ハイペース、漫画のようなビジュアル、ラフな編集……。それでもスタイリッシュさは色褪せてない。その理由は、ソニック・ユース、ナオミ・キャンベル、ベックなどのレアなゲストから、パリのファッションウィークの舞台裏といったふたりの幅広いアイデアのおかげ。しかもキアヌ・リーブスがモーターサイクルとともに道路で立ち往生するなんてレアな姿も。まさしく90年代のノスタルジックマニアにはたまらない番組なのだ。 「それが私たちのやりたいことだったし、できることだった。周りのおかげで、なんとか番組が成り立っていたわ」と、カリフォルニアの自宅から取材を受けたソフィアは答える。きっかけは、当時カリフォルニア芸術大学生だった彼女が、友達のゾエを共同ホストに誘ったこと。何となく決まっていたテーマは、マッスルカー、モンスタートラック、スタントマンのドライバーなど、車についてのトピック。それはそのころ、若い女子がゴツくてうるさい車に乗るのがクールだった由縁。ソフィアはそのとき、1969年製ヴィンテージのGTOコンバーチブルを乗り回していたそう。「LAの交差点でエンストしたの。見せるための車だったけど、楽しかった」

番組は予算がなく、撮影はDIY。おかげでビジュアルも編集もイマイチだけど、ふたりは逆にやりたいことができた。カサヴェテスは、カメラが入り込んでしまう”NG”こそが、番組の持ち味だったとキッパリ。「マルチメディアの先駆けよね。新しいものを作ろうとしたわけじゃないけど、本当にお金がなかったの。だから“このカメラを使って、なんか楽しいことしよう”っていう感じだった」。コッポラも「そのときはTVでデジタルビデオを使ってる人はいなかった。私たちはゴージャスな見栄えなんて興味がなかったの。ただ、番組のスピリットやゲスト、ふたりのホットなやんちゃ女子が車に乗るっているのを楽しむだけ。本当ちぐはぐで、ホームメイドなできあがりだったわ。友達に助けてもらってやってるぐらいだったから」。

【関連記事】