Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

TwitterのドーシーCEO、トランプ陣営からの従業員攻撃に「責任は私にある」とツイート

配信

ITmedia NEWS

 米Twitterのジャック・ドーシーCEOが5月27日(現地時間)、「企業としての行動の責任は私にあります。どうぞ、うちの従業員を問題に巻き込まないでください」とツイートした。ドナルド・トランプ米大統領のツイートにラベルを付けたことについて、トランプ陣営の公式Twitterアカウントがファクトチェックの責任者だとするTwitterの従業員を個人攻撃したことを受けたものだ。  この問題は、トランプ氏が25日に投稿した郵送投票についてのツイートに、Twitterが事実と異なる可能性があるというラベルを追加したことに端を発した。Twitterが同氏のツイートにラベルを付けたのはこれが初。過去に一般人のツイートであれば非表示にされたかもしれないレベルのツイートも手つかずだった。  トランプ氏はラベルが付けられた後、Twitterを含むソーシャルプラットフォームは保守派を沈黙させようとしていると主張し、プラットフォームを規制または閉鎖するとツイートした。  その後、トランプ氏の選挙キャンペーンチーム「Trump War Room」が公式アカウントで、トランプ氏のツイートにラベルを付けたのはファクトチェック責任者だと名指しで非難する米Fox Newsの記事のリンク付きツイートで「このヨエル・ロスなる人物はトランプ氏に関する卑劣なツイートをしてきた過去がある!」と非難した。  ドーシー氏は、「これからも選挙に関する誤情報については指摘していく。われわれが間違いを犯したらそれを認め、謝罪する」とし、また、「“真実の審判”になりたいわけではなく、矛盾する発言を整理して正しい情報を整理して提示し、人々が自分で判断する助けになることだ」とツイートした。

ITmedia NEWS

【関連記事】