Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「次元が低い」「出来が悪すぎる」最年長Mリーガー・沢崎誠、超厳しい自己評価/麻雀・Mリーグ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 Mリーグデビュー年となったシーズンは「麻雀を楽しむ」と語っていたKADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠(連盟)。レジェンドと呼ばれるに相応しい堂々とした戦いぶりで序盤からポイントを積み重ね、新規のファンも獲得した。しかし終盤にチームは失速しV逸。1年目を振り返り、今の沢崎から出る言葉は「次元が低い」「出来が悪すぎる」というプロの矜持が表れたものだった。 【動画】沢崎誠、2019シーズンハイライト -2019シーズンを振り返って、多くのファンが沢崎さんの麻雀に熱狂しました。 沢崎誠(以下、沢崎)  いいところも悪いところもあった年でした。ファイナルに行けたのは良かったけれど、セミファイナルからトップで通過しながら最下位だったのはいかんせんデキが悪過ぎる。 個人的には(通過した)予選も出来がよくないと感じていました。 -1年目を踏まえて、2年目はどう戦うか。 沢崎  とにかく内容が良い麻雀を打つこと。成績はそれについてくるものだと思っています。個人タイトルではラス回避率、僕から言わせれば珍しいタイトルだと思うけれど、それがある以上は、3回くらいラスを引くまでは目指したいです(笑)。  ただ、タイトルを狙うというよりは、やはり内容の良い麻雀を打つということが目標です。Mリーグは一発裏ドラありますし、マンガンはいつでもできますよね、マンガンハネマンは普通ですよ。でも(だからといって単純に)倍満を目指す、とかではなく、とにかく手役を作って、ファンが盛り上がる、喜ぶような大きなトップを目指す、そのモチベーションを全員が持つべきだと思います。もちろん役満に匹敵する1000点があるのはわかっていますが。 -「沢崎さんの麻雀を見たい」というファンが多かった。 沢崎  何でも切るし、それが通るし(笑)。でもそれができるのは、経験ですよ、そういう練習しているから。Mリーグでどんどん突っ込んでる(攻めている)でしょう?でも普段はその10倍くらい突っ込んでる。練習がなければ(攻めは)できない。だから(自分にとってそういう攻めは)普通のことなんですよ。今年は優勝を目指すといいたいところですけど、結果というのは後からついてくるものなんでね。ベストを尽くすしかないし、自分の納得できる麻雀を打つしかないですね。  トータル的にプラスで終わらせないとダメですよね。チームとして決勝(ファイナル)までいかないと話にならない。まずはファーストステージ通過を目指して、一つずつ上がっていき、決勝に行ったら優勝しか目指さない、そういう麻雀を打ちたいと思います。  昨期のレギュラーシーズン個人スコアは5位(+234.3)と1年目から実力を発揮した沢崎。最年長、笑顔がかわいいとファンを引き付けるレジェンドが、今期はさらに凄みを増す“マムシ”、さらには大蛇となり、ライバル7チームを丸ごと飲み込む勢いで暴れまわる。 ◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4チームがファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。優勝賞金5000万円。

【関連記事】