Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

MotoGP初のバーチャルレースイベントが開催。勝者は“ルーキー”アレックス・マルケス

配信

motorsport.com 日本版

 MotoGPの2020年シーズンは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け中断中。少なくとも5月中盤まではレースが行われない予定となっている。 【ギャラリー】アレックス・マルケス、日本GP“神スケーティング”の衝撃の瞬間  そうした状況の中、MotoGPは公式ゲームを使用したバーチャルレースイベントを立ち上げ、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)をはじめとした実際のMotoGPライダーを参加させたレースを3月29日(日)に開催した。  レースはムジェロ・サーキットを舞台に争われ、フォーマットは予選が5分、レースは6周で争われた。  参加ライダーはマルク・マルケス、アレックス・マルケス(レプソル・ホンダ)、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)、ファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)、スズキのアレックス・リンスとジョアン・ミル、フランチェスコ・バニャイヤ(プラマック)、ミゲル・オリベイラ(KTM)、イケル・レクオナ(テック3・KTM)、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)の計10名。  予選ではクアルタラロがポールポジションを獲得し、バニャイヤ、ビニャーレスが続いた。  レースはオープニングラップから4番手スタートのアレックス・マルケスが、バニャイヤとトップ争いを展開。一方ポールスタートだったクアルタラロは、オープニングラップでビニャーレスともども転倒。順位を下げてしまった。  2周目にも転倒が続出。エスパルガロやミルがグラベルへと消えていった。  バニャイヤが2周目に大きくコースオフを喫したことで、アレックス・マルケスがレースをリードする展開となった。バニャイヤはアレックス・マルケスに追いつこうとプッシュするが、最終ラップで転倒し、マルケスに追いつくことはできなかった。  結局、アレックス・マルケスが後続に7秒差をつけて優勝する結果となった。2位はバニャイヤ、3位は序盤の転倒から挽回したビニャーレスが入った。  MotoGPチャンピオンであるマルク・マルケスはレース途中までは表彰台圏内を走行していたが、中盤に転倒したことで5位で終えることになった。  スズキ勢が6位にリンス、7位にミルと並び、8位にはオリベイラが入った。レクオナとエスパルガロはゲームの時間制限によりNCとなっている。  当初このイベントはシリーズ化されるか不明だったが、MotoGPは近い将来更に多くのバーチャルレースイベントを開催する予定だと明らかにした。

【関連記事】