Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

工具の匠×木の匠が生み出した木製工具チェスト&ツールセット【nepros neXT】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

工具を生活のすぐそばに置いてほしい。工具メーカーにとっては当然の思いだろうが、なにしろアプローチが斬新すぎる。「nepros neXT」の工具箱は、なんと飛騨の匠の手による木製の逸品。ネプロス発売25周年記念の革柄ラジオペンチ&ニッパと合わせて紹介する。 【関連写真×10枚】工具の匠×木の匠が生み出した木製工具チェスト&ツールセット〈nepros neXT〉

飛騨の匠の“ものづくり”の技術と、日本を代表する工具の匠の思いが融合

ガレージや納屋、クローゼットの中など、日常生活で目に触れない場所に置かれることの多い工具類。確かに金属製の工具箱がリビングにあったら不釣り合いだ。だったら生活空間になじむ素材やデザインにすれば、工具をもっと身近に感じられるはず。 そんな発想から誕生した前代未聞の収納が「nepros neXT」のウォールナット製チェスト。食器棚や衣装ケースを工具入れに流用する例はあるが、この製品はKTCが独自に設計し、老舗家具メーカーとして名高い飛騨産業が製造する、正真正銘のツールチェストである。確かにこれならリビングルームでも違和感はなく、取り外し可能なトレイに工具を載せて持ち運びできる。 驚くのは、ネプロス6.3sq.ソケットを収めたツールセットだけでなく、チェスト単品でも販売すること。これはもはや家具だが、工具メーカーが日常生活に進出する手段としては斬新で、まさに「ネクスト」を感じさせる。 “nepros”の刻印に気づかなければ高級家具としか思えないウォールナット製チェスト。木製らしさを追求するため、表面に金属製の留め具を露出させない、引き出しに金属レールを使わないなど、工具箱感の払拭にこだわった逸品だ。 ――ネプロスneXTチェストWalnut(4段3引出し)NO.NEKR-104W ●サイズ:幅525×奥行325×高さ382mm ●標準小売価格:25万円(税別、以下同) ――組み木と上縁のソリで日本の家具らしさをアピールするトレイや重厚な引き出しなどの細部に、90年を超える歴史を持つ飛騨産業の技術が存分に発揮されている。時間の経過と共に変化する風合いが楽しめるのも木製ならでは。

【関連記事】