Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

復活の兆しが見えないクラブ業界…今後どうなる? 海外では…【DJ・田中知之×ピストン西沢】

配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『GROOVE LINE』(ナビゲーター:ピストン西沢)。5月18日(月)のオンエアでは、4月22日に自身初となる本名名義での新曲『Alone』をリリースした田中知之がリモート出演をしてトークを展開。西沢とクラブ業界のこれからについて意見を交わし合った。

緊急事態宣言が解除されても、すぐにクラブの復活は難しい

2人はプライベートでも交流があるため、西沢は田中について夜中に一緒にラーメンを食べる「デブ仲間」だと冗談を口にする場面も。夜遊びをするときにはよく一緒に食事をしていたようだ。 田中:よろしくお願いします。デブ仲間の田中です(笑)。 西沢:痩せましたね。 田中:ね、頑張りました。 西沢:夜のクラブ前にラーメン食って、騒いだあとビールを飲んで、そのままもう1回、朝にラーメンを食いに行くというのは楽しかったね。 田中:楽しかったんです、本当に。でももうすっかりやめましたね。 西沢:今は全然できないじゃないですか。健康上のものもありますけど、クラブというもの自体が今はコロナでダメだし。 田中:そうですね。緊急事態宣言が明けても、ちょっと復活が見えないですよね。 西沢:韓国でもクラスター出ちゃったし、やっぱり人との近くでの交流が楽しい場所だからね。 田中:みなさん「たぶん、しばらくできない」とおっしゃっていますし、確かにと思わざるを得ない状況ではないかと僕も思います。

クラブ関係者は今、どうしている?

再開の目処が立たないクラブ業界。田中は関係者たちが現在実施している対策について語り、西沢はこんな時期だからこそ行った、とある取り組みについて明かした。 西沢:クラブをメインに活動していたDJやシンガー、お店の関係者ってどうしているの? 田中:とりあえず今はどうしようもないから、日々をしのいでいます。もちろんクラブはクラウドファンディングみたいなことをやって、ドリンク代とか入場料とかを先払いしてもらう形でなんとかお金を集めたり。DJはお金になるかわからないけど、いわゆる配信DJで「自分の活動を継続させています」という意思表示をするぐらいしかできないのかなと思います。 西沢:俺も今日ね、初めてDJ(動画)上げた。 田中:そうですよね。ずっと僕もピストンさんから、プライベートで相談の電話をしていただいていたので。 西沢:うん。「どうしようか、一緒にやろうよ」なんて言ってたんですけれど。とりあえずやっぱり、コロナで自粛している間だけ上げておこうと思って。『アンパンマン』(の曲)とかも使っているので、子どもがこれを観て喜んでくれているうちは上げておこうかなと思っている。限定品ではありますけど。

【関連記事】