Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<浜辺美波>「ふりふら」で初キスシーン “縁がある”北村匠海に「すべてお任せ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 女優の浜辺美波さんが出演している映画「思い、思われ、ふり、ふられ(ふりふら)」(三木孝浩監督)が8月14日に公開される。同作は、マンガ誌「別冊マーガレット」(集英社)で連載された咲坂伊緒さんのマンガが原作で、4人の高校生男女の恋模様が描かれる。浜辺さんは、2017年に公開された映画「君の膵臓(すいぞう)をたべたい(キミスイ)」で共演した北村匠海さんと再共演。初のキスシーンにも挑戦している。浜辺さんに初キスシーンや神戸ロケなど撮影エピソードについて、また映画の見どころ、女優の仕事などについて聞いた。 【写真特集】浜辺美波がキュートな透け感ワンピで… キュートなポーズの全身も

 ◇脚本を読んで「すごく前向きになる終わり方」に「撮影が楽しみに」

 「思い、思われ、ふり、ふられ」は、山本朱里(浜辺さん)、山本理央(北村さん)、市原由奈(福本莉子さん)、乾和臣(赤楚衛二さん)という4人の高校生男女の恋模様が描かれる。原作のマンガをアニメ化した劇場版「思い、思われ、ふり、ふられ」(黒柳トシマサ監督)も9月18日に公開される。

 浜辺さんは今作のオファーが来たとき、「咲坂先生のマンガが大好きなので原作を読んでいたんです。だからストーリー展開は知っていたんですが、原作はそのときまだ完結していなかったので、4人の高校生の物語がどう終わりを迎えるのか、すごく気になっていたんです。脚本を読んだときに、4人の青春がちゃんと凝縮されて描かれていて、最後はみんなの気持ちがすごく前向きになる終わり方が描かれていたので、映画としてすごくすてきな作品になるんじゃないかなと、撮影が楽しみになりました」と明かす。

 浜辺さんは、北村さんと「キミスイ」以来、実写では3年ぶりに共演した。3年前は「(『キミスイ』での)関係性もあって、微妙な距離感がありました。あまり会話もしなかったですし、ずっと敬語で話してたんです」という浜辺さん。

 だが、今作では「(製作が)始まるときに、監督から『主要なキャラクターの4人は同級生だし、特に朱里と理央は義姉弟の役だから、“ため口”でやってください』と言われたので、そこで、分け隔てなくため口で話すようになったんです。そこからすごく距離が縮まって、待ち時間もみんなでちょくちょく話すようになりましたし、匠海くんとの距離も一気に縮まったような感じがしました」と笑顔で振り返る。

【関連記事】