Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ロックダウンその後 ウィズコロナ時代に向けたイギリス医療の新たな挑戦

配信

GLOBE+

今回は前回に続き、イギリスにおける新型コロナウィルスの状況についてお話しします。 あの後、ボリス・ジョンソン首相は幸いにも一命をとりとめました。国のリーダーであることや婚約者のキャリー・シモンズさんが妊娠中であったこともあり、その生還の知らせを聞いて多くの人は胸をなでおろしました。退院後初めての公式な発言の中で彼は、入院中お世話になったNHSの医療従事者たちに感謝の言葉を述べ、特にお世話になった2人の医師の名前にちなんでその直後に生まれた息子のミドルネームを「ニコラス」にしたとその後ちょっとしたニュースにもなりました。 しかし、「今後さらに多くの家族が愛する人を失うことになる」と述べた彼のあの言葉は間違っていませんでした。実際イギリスではあの後、数万人規模の非常に多くの人が亡くなり、国は大きな悲しみに暮れています。 これまでに亡くなった新型コロナウィルス陽性患者は約4万人と報告されていますが、この数字の中には、新型コロナウィルスで亡くなったけれど検査は陰性だった人(検査の偽陰性)や、長期自粛や受診控えなどにより病気が悪化し亡くなった人などは含まれず、実際は新型コロナウィルスの影響で亡くなった人は6万人以上いると言われています。この値は、過去のデータからこの時期に亡くなると予測される人数をベースラインとし、それを超えてどれだけ多くの人が亡くなったのかを見ることで新型コロナウィルスにより亡くなった人の数をより正確に判断しようという「超過死亡」と言われるものです。 一方、入院・集中治療のキャパシティを大幅に拡大するなど新型コロナウィルスに対応可能な医療制度へと転換(第20回)したことで、人工呼吸器などの病院医療は不足なく提供することができたと言われています。ピーク時最大約3千人の新型コロナウィルス患者が人工呼吸器を必要としましたが、それから右肩下がりに減少し、現在は500人以下にまで下がっています。 なぜこれほどまでに多くの人が亡くなってしまったのか。私たちにできる事はもっとあったのではないか。新型コロナウィルスに対して私たちが知らないことはまだ多く、現時点で明確な答えを見つけるのは難しいですが、様々な検証が行われているところです。 同時に、ロックダウンによる私たちの生活への影響も大きなものでした。経済への大打撃や長引く自粛からくる疲れなど、国民の多くがこうした大きな犠牲をともなう生活に限界を感じてきていました。

【関連記事】