Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ウォルマート、Amazonプライムの競合サービスを近々提供:「Walmart+」の中身と機会

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
DIGIDAY[日本版]

ウォルマート(Walmart)は、オンライン食料雑貨分野を支配してきた。現在は、その支配領域を拡大しようと努めている。 Voxは7月7日、Amazonプライムに対抗するウォルマートの待望の競合サービスがまもなく(実際には今月)スタートすると報じた。「Walmart+」と呼ばれるこのサービスは、年額98ドル(約1万500円)で、スピード宅配などの特典を提供するとされている。価格と同様に、そうしたほかの特典で、ウォルマートはAmazonとの差別化を試みている。だが、キングコング級のAmazonプライムに対抗するのにそれで十分かどうか、依然として疑問が残る。

ウォルマートが握るチャンス

eコマース分野では、Amazonはいまだに大手なのは確かだ。eマーケター(eMarketer)によると、Amazonは今年、米国のデジタル販売市場で38%のシェアを握っている。2位のウォルマートのシェアは5.8%だ。それでも、成長率はウォルマートが上回り、Amazonの21.1%に対して44.2%となっている。ちなみに、オンラインでもっとも成長している小売業者はターゲット(Target)で、売上成長率は52%だ。 ウォルマートの場合、希望は、すでに支配している食料雑貨分野の利用にある。2020年第1四半期に、ウォルマートのeコマース事業は74%成長し、食料雑貨への需要によるところが大きいとしていた。これは、食料雑貨分野への進出ペースが遅いAmazonと正反対だった。Amazonは、新型コロナウイルスのパンデミック中、需要が殺到し、一部の配達に数週間かかり、食料雑貨の配達サービスを提供している地域が限界に達した。 Amazonプライムが何年も前から成長できたのは、利用しやすいからだと、メディア測定企業のカンター(Kantar)でシニアバイスプレジデントを務めるレイ・デュラン氏は指摘する。「1回クリックするだけだ。とても簡単だ。欲しい物を何でも買える──食料雑貨以外は」。ウォルマートの場合、Amazonがまだ達していない規模でその空隙を埋める能力が、この戦いでの勝利に役立つ可能性がある。

【関連記事】