Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

上白石萌音、お笑いに敏感、「この番組が明日の夜ある!」が生きがい

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
スポーツ報知

 女優の上白石萌音(22)、岸井ゆきの(28)、俳優の小関裕太(28)が24日、ミノン・ミノンアミノモイスト新CM発表会をオンラインで行った。  上白石はミノンアミノモイストの新CM「ゆらがんぞ編」に出演。オファー前から同商品を使い始めており、「本当に偶然なんですけど、使っていたんです。こんなことってあるんだな~と思いながら。ウソみたいですけど、本当の話です」と照れ笑い。CMではオリジナル曲も歌唱。「温かくて、優しくて、明日も頑張ろうという曲になっていたので、私も大切にリラックスして歌わせていただきました」と語った。  今一番「敏感」になっていることには「お笑い」と回答。「お笑いが大好きで、常にアンテナを張っている。『この番組が明日の夜ある!』というのが生きがいになっている。笑うと健康的になる、とか言うじゃないですか」と明かした。  岸井と小関は、銭湯を舞台にしたミノンの新CM「二人のこれから編」「小さな常連さん編」に夫婦役で初共演した。  プライベートでも銭湯が好きで、お気に入りは健康ランドの塩サウナ。「塩を塗って発汗させるんですけど、すごく汗をかくんですよ。オススメです」  最近一番「やさしさ」を感じたエピソードは「撮影現場」だった。「(地元の方と)優しさと自然に包まれて今、撮影をさせてもらっている。ガッツリ撮影することも難しくなっている状況。(その中で)人の優しさに、じかに触れてぬくもりを感じているのが、最近の『やさしさ』エピソードです」と話した。

報知新聞社

【関連記事】