Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今こそ救世主求む! 経営難のマツダを危機から救った名車3選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MOTA

コロナウイルスの影響により、さまざまな業界が大きな打撃を受けました。それは車業界も同じこと。こんな時だからこそ、かつて存続の危機に喘いでいたメーカーを救った名車たちと同じく、救世主の存在が必要です! ■今見てもやっぱり広い!初代デミオの内外装をもっと見る そこで今回は、マツダの危機を救った名車3選をご紹介します。 ▼これまでご紹介した名車は関連記事をチェック!▼

陸サーファーを生み出した5代目ファミリア

1980年に登場した5代目ファミリアは、角型のウェッジシェイプデザインでクリーンなスタイル。デビュー当初は、3ドア/5ドアハッチバックのボディバリエーションでデビューし、ハッチバックの発売から3ヶ月後に4ドアセダンが追加されます。 駆動方式は、ファミリア初のFF方式を採用しながら、FRのようなダイレクトさを追求。また、分割可倒式リアシートの採用で使い勝手が向上したことも5代目ファミリアが人気となった理由の一つです。 ■社会現象を起こすほどのヒットでマツダを救済 電動サンルーフが標準装備の「赤いXG」は、サーフボードをルーフキャリアに載せたスタイルが流行し、「陸(おか)サーファー」という言葉もが生まれるほど大ヒット。しばらくヒット車種に恵まれず、経営の危機に瀕していたマツダは、5代目ファミリアがヒットしたことにより危機から脱出することができたのです。 ■マツダ 5代目ファミリアの中古車相場 ・中古車掲載台数:2台 ・中古車相場:54.8万円~144万円 ※中古車掲載台数および相場は、2020年9月30日時点のデータ

「クロノスの悲劇」から救ったコンパクトカー 初代デミオ

初代デミオは、1996年に登場したコンパクトカー。「クロノスの悲劇」で経営危機に陥っていたマツダは、起死回生のため既存のプラットフォームを使い、コンパクトサイズの5ドアハッチバックを短期間で開発し市場へ投入します。 デミオは、立体駐車場に入れる高さでありながら、大人4人が乗れる室内の広さを確保。車体は小さくても、フルフラットになるラゲッジルームを備え、良好な使い勝手を実現していました。小さくて便利な車となったデミオは、幅広いユーザーに受け入れられ、マツダを経営危機から救い出したのです。 ■マツダを苦しめた「クロノスの悲劇」とは クロノスは、マツダ カペラの後継車種として、1991年に誕生した3ナンバーサイズの4ドアセダン。マツダは、バブル時代に展開した5チャンネル戦略により、モデルラインナップを増やす必要に迫られていました。 そこで、マツダはクロノスをベースに、バッジエンジニアリングモデルを多数リリースし、それぞれのチャンネルで販売。しかし、バブル経済が崩壊し、経営難に陥ってしまいました。 ■マツダ 初代デミオの中古車相場 ・中古車掲載台数:3台 ・中古車相場:32万円~47.8万円 ※中古車掲載台数および相場は、2020年9月30日時点のデータ

【関連記事】

最終更新:
MOTA