Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

わかぎゑふ、演劇における小劇場の重要性語る「本気で芝居する醍醐味は小劇場でしか作れない」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ラジトピ ラジオ関西トピックス

「それでも演劇を続けるために、せーのでキッカケを作ろう。」を合言葉に、9月19日(土)と20日(日)に、大阪市北区のABCホールで、「ターニングポイントフェス~関西小劇場演劇祭~」が開催される。  現在、大打撃を受けている関西小劇場界が声を上げ、立ち上がったこのイベント。その実行委員会のひとりであり、劇団「リリパットアーミーⅡ」の座長を務める、劇作家・演出家のわかぎゑふさんが、ラジオ関西『シンコペ!~enter the エンタ~』のリモートインタビューに登場。自らのベースとなる小劇場への思いやこだわりについて語った。  今回のインタビューは、番組の8月ゲストで、「ターニングポイントフェス~関西小劇場演劇祭~」発起人でもあるゲキゲキ/劇団『劇団』(通称:ゲキゲキ)の主宰・古川剛充さんへのインタビューがきっかけとなっている。  歌舞伎や伝統芸能など、舞台関連の幅広い仕事にもかかわる、わかぎさん。大きな劇場でその空間を演出する面白さはありつつ、演劇の“ホームグラウンド”といえるような小劇場への思いには、ひときわ強いものがあるという。 「よく学生から(演劇などを)はじめて、お金がないから小さい空間で芝居をするところ、それを小劇場だと思って、世間の人も、なんなら俳優とかもそう思っているかもしれない。でも、お客さんが真近にいるところで、人が演出できるのは、小劇場なんですね。人を見せられる、人間の心理を見せられるのが、あくまでも小劇場だからこそ。それは映画ではできない。生きている人間が何ひとつ、嘘がつけないのが、小劇場(のよさ)です」  小劇場は一つの文化であり、それはなくなってはいけないもの。わかぎさんはそう訴える。 「小劇場は、本当にスリリングな空間で、海外の俳優さん、アメリカのハリウッドの俳優でも、絶対小劇場でやろうとするし、それが一つのステータスでもあるんです。お客さんの前で嘘は付かない、本気で芝居する、そして、その人間が、そこにいたように思わせる。その醍醐味は小劇場じゃないと絶対に作れないから、大きい劇場から、小劇場までお仕事があるのは私にとって、すごくうれしいことです」  一方で、今の演劇界の風潮にも物申す。「だいたい有名になった人たちが、小劇場出身なのに小劇場に出なくなっちゃんうのが悪いんですよ! たまに、自分たちの試練を感じに帰ってきて出れば良いのに、大きい芝居にしか出ないようになるから、『小劇場はステップアップの場所なんだ!?』と思われちゃうんですよね……」。演劇界を担い続けてきたからこそ、原点の重要性を実感している。  かつて大阪には、扇町ミュージアムスクエアや近鉄小劇場といった、小劇場のメッカともいわれた場所があったが、ともに閉館。「報道で『もう小劇場の火が消えた』とか、まるで劇団がなくなったみたいなふうに報道されて、3~4年、その風潮もぬぐえず、悔しい思いをした」。当時のことがあるからこそ、わかぎさんは、関西の演劇界、そして、小劇場へのこだわりを強くしている。 ※ラジオ関西『シンコペ!~enter the エンタ~』2020年9月6日放送回より 「ターニングポイントフェス~関西小劇場演劇祭~」 開催日程 2020年9月19日(土)・20日(日) 会場 ABCホール(大阪) 出演団体 いいむろなおきマイムカンパニー、オパンポン創造社、Z system、万博設計、MousePiece-ree、リリパットアーミーⅡ、演劇部希望、ゲキゲキ/劇団『劇団』、匿名劇壇、VOGA、無名劇団、劇団レトルト内閣、劇団往来、清流劇場、劇団とっても便利、南河内万歳一座、May、TPFスペシャルユニット

ラジオ関西

【関連記事】