Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

期限切れワクチン 医療機関が子ども4人に誤接種/千葉県習志野市

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
千葉日報オンライン

 習志野市は13日、市内の1医療機関で有効期限の切れた「麻疹風疹混合(MR)ワクチン」を1~6歳の子ども4人に誤って接種したと発表した。健康上の問題や体調不良の訴えはないという。  市によると、誤って接種したのは市が市医師会を通じて個別予防接種を委託している医療機関。6月5日に期限が切れたワクチンを同月16~20日にかけ、4人に1回ずつ接種した。  7月7日、市職員が医療機関から提出された予診票に添付してあるワクチンの期限を記すシールを確認して判明した。接種の際に担当者が期限を確認していなかったのが原因という。  市と医療機関はそれぞれ9日までに、保護者に経緯を説明し謝罪。市は医療機関に再発防止策について指導し、医師と看護師による期限確認の徹底などを求めた。

【関連記事】