Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニューノーマルの観光が始動、withコロナ時代ならではの航空・ホテル・オンライン旅行会社の対応策を調べてみた

配信

トラベルボイス

航空会社や宿泊施設などでは、withコロナに対応した新たなサービスを開始している。各種ガイドラインを基本にしながらも、新しい衛生概念を持った消費者に対応するために生み出した施策やサービスには、各社の創意工夫が見てとれる。現在までに確認できた各事業者の取り組みや傾向をまとめてみた。

航空会社:接触機会を減らす取り組み

withコロナで搭乗体験はどう変わるのか。航空会社の利用者向けサービスでは、乗務員や乗客同士の距離を保ち、ヒトやモノと接触する機会を減らす方向へシフトしている。 チェックインは事前のオンラインチェックインを推奨。自動チェックイン機でも、アプリやバーコードを活用したタッチレス化が推進されている。乗客側にはマスク着用を徹底。荷物は最小限に減らすよう呼びかけ、特に機内持ち込み荷物は頭上ロッカーの出し入れを控えるため、座席下に収納できる量にまとめるように要請をする航空会社もある。 機内では乗客に消毒用シートなどを配布するほか、手指消毒剤、ペットボトルの水、マスク、スナックなどをパックにして提供するサービスも増えている。ドリンクやミールサービスは、政府当局の規制や接触する機会や時間を減らす目的で、制限を設ける航空会社が多い。 また、機内エンターテイメントは、雑誌や新聞、座席ポケット内の冊子の配布を中止。代わりに、航空会社のアプリを通し、搭乗客自身のモバイルデバイスで機内エンターテイメントシステムを楽しむスタイルが増えそうだ。これに加えシンガポール航空ではアプリを通し、運航都市の入国制限措置や入国後の行動制限に関する情報を、乗客の予約に応じて提供することにも取り組んでいくという。 このほか衛生対策では、ユナイテッド航空が全乗客に対し、過去14日間にコロナの症状がないことを確認するチェックシートを導入し、チェックイン時に実施する。エア・カナダではすべての空港で、乗客に対する赤外線放射式の体温測定を行なう。今後は血中酸素濃度測定など検査ツールの使用頻度を増やしていく方針だ。なお、ユナイテッド航空やエア・カナダでは、こうしたチェックにより旅客が旅行を取りやめる場合、別便への変更に対応するという。 こうした衛生対策で各社は積極的に情報を発信。アメリカン航空では、日本語字幕つきで動画も公開している。

【関連記事】