Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【DEEP】8.23 元修斗王者・佐藤洋一郎vs元パンクラス王者・阿部大治、関根シュレックvs酒井リョウが決定

配信

イーファイト

 8月23日(日)東京・ニューピアホールにて開催される『skyticket Presents DEEP 95 IMPACT』の対戦カードが発表された。 【フォト】パンチを相手の顔面にめり込ませる阿部大治  本大会は東京都が発表した「新型コロナウイルスを乗り越えるためのロードマップ」に従い、今年3月1日に行われた『DEEP 94 IMPACT』以来約5ヶ月振りに再開が決まった。  5月大会で予定されていた一戦が再マッチアップ。元修斗環太平洋王者の佐藤洋一郎(KATANA GYM)と元パンクラス王者でUFC帰りの阿部大治(フリー)とが対戦する。  佐藤は剣道、日本拳法、ボクシングと豊富なバックボーンを持ち2008年にプロデビュー。10年3月にカン・ミンジョンを下し修斗環太平洋ミドル王座を獲得した。DEEPへは2016年に初参戦。直近のMMA戦では19年のDEEPで悠太、安西信昌に連敗。2020年の初戦勝利を目指す。  対する阿部は元ウェルター級キング・オブ・パンクラシスト。2017年にはUFCへ参戦しデビュー戦でいきなり白星を上げた。しかしその後2連敗でUFCとの契約終了。18年10月から舞台をONEへ移すも、ルイス・サントスに1RKO、19年7月にはエブ・ティンに2R一本負けを喫し4連敗。新たな舞台にDEEPを選んだ。  また関根”シュレック”秀樹(ボンサイ柔術)が酒井リョウ(レンジャージム)と対戦する。  関根は元静岡県警の刑事という異色の経歴を持つファイター。幼少期に学んだ柔道と刑事時代に始めた柔術をバックボーンとし、40代にしてプロ格闘家に転向。ONEやDEEPなど様々なMMA団体に参戦する一方、プロレスのリングでも人気を博している。今年2月のRIZINではDEEPメガトン級王者のロッキー・マルティネスと対戦。戦前の会見で宣言したジャーマンスープレックスを狙うも、マルティネス得意の打撃の前に敗北。今回が再起戦となる。  対する酒井はMMAのみならずキックのリングにも上がるマルチファイター。昨年3月にはロッキー・マルティネスのメガトン級王座に挑戦するもKO負けを喫した。同10月にはDEEPミドル級王者の水野竜也とライトヘビー級で対戦したが、グラウンド状態で放ったヒザ蹴りが水野の頭部をとらえ、反則負けとなった。今年2月のRIZINではキックルールで実方宏介にKO負け。キックを含めた3連敗の中、異色の強敵を迎える。  その他大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)vs鈴木琢仁(ボンサイ柔術)、LUIZ(禅道会)vs大木良太(KRAZY BEE)、高塩竜司(KIBAマーシャルアーツクラブ)vs鬼山反猫(KRAZYBEE) など全8試合が発表。  また同日は『skyticket Presents DEEP 96 IMPACT』との2大会連続開催であることが発表された。

【関連記事】