Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ペレス、FP2のクラッシュで1グリッド降格ペナルティ。衝突の責任はペレスに有りと判断

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
motorsport.com 日本版

 セルジオ・ペレス(レーシングポイント)は、F1第9戦トスカーナGPのフリー走行2回目に、キミ・ライコネン(アルファロメオ)と接触した件で、1グリッド降格ペナルティを受けた。 【動画】2020年F1第9戦トスカーナGPフリー走行2回目ハイライト  ペレスはFP2でピットレーンからコースに合流する際、ロングランをしていたライコネンとターン1のエイペックスで接触してしまった。ライコネンのクルマはスピンしグラベルに出てしまったものの、自力でピットに帰還。ペレスはフロントウイングにダメージを負ったものの、走行を継続することができた。しかし、コース上にはデブリが残されてしまったため、赤旗が掲示されセッションが中断された。  セッション後、スチュワードに召喚されたペレスは、ピットレーン出口のレイアウトが原因でコーナーに向けて別のラインを取ることができなかったと主張した。  スチュワードはペナルティを出す際にペレスの主張を考慮しつつ、衝突の責任は完全にペレスにあったと判断した。 「11号車のドライバー(ペレス)は、ピットレーン出口で7号車(ライコネン)と23号車(アレクサンダー・アルボン)が接近していることを、チームから警告されていた。ターン1の手前では青旗も振られており、ミラーで7号車が見えたのは明らかだった」 「ドライバーはピット出口が非常に長く、7号車に追い抜かれるまでにスピードが上がっており、別のアプローチを取ることができなかったと主張した」 「スチュワードはペナルティを決めるにあたり、ボッタス(2019年アブダビGP-戒告)やベッテル(2015年バーレーンGP-ペナルティなし)など、フリー走行中に起きた同様のインシデントを踏まえて検討した」 「我々はペナルティを軽減する価値があると考えたため、この種の違反で適用されるペナルティは通常3グリッド降格だが、それを1グリッド降格に減じる」  ペレスはスチュワードの裁定が出される前に、ピットレーン出口のレイアウトについて次のように語った。 「ピットレーン出口はとても狭くて長いんだ」 「僕たちがここに来たのは初めてだ。ピットレーン出口は長すぎるため、スチュワードは変更を検討する必要があると思う」 「ピットレーン出口にいる時には(ターン1に対して)角度がないので、アクシデントの原因にもなるだろう」

Luke Smith

【関連記事】