Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

有村架純が2年ぶりに連ドラ復帰 秋ドラマに売れっ子俳優が続々登場のウラ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリー新潮

 有村架純(27)が民放の連ドラに帰ってくる。10月27日スタートの「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜午後9時)で、18年10月期の「中学聖日記」(TBS)以来、2年ぶり――と思って見渡すと、この10月期は連ドラさん、お久しぶりという女優たちがいっぱいだ。 【写真】秋ドラマにも出演!人気急上昇中の「浜辺美波」  ***

 有村の新ドラマで今のところ発表されているのは、女手ひとつで弟3人を養う“肝っ玉姉ちゃん”というストーリーで、キャストは彼女のみ。おかげで、SNSでは〈弟役には、海ちゃん(高橋海人[21]:King & Prince)がいい!〉なんていう声で溢れている。  民放プロデューサーが言う。 「2年前の『中学聖日記』では、鳴り物入りの新人、岡田健史(21)や町田啓太(30)の演技がパットしなかったこともあって、平均視聴率は6・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)と、とても彼女が主役とは思えない数字を残してしまった。今回は弟役や恋人役など相手選びには慎重で、発表すれば話題になるようなキャストなのでしょう。彼女と同じ事務所に移籍した、田中みな実(33)が虎視眈々とバーターを狙っているのかもしれませんが……。それにしても、この2年、彼女は映画ばかりでしたから、ようやくテレビに帰ってきたという感じです」

立て続けに映画に出演

 確かに、有村の最近の仕事は映画ばかりだった。 ●「フォルトゥナの瞳」(2019年2月15日公開、東宝) ●「そして、生きる」(2019年9月27日公開、WOWOW) ●「駅までの道をおしえて」(2019年10月18日公開、キュー・テック) ●「花束みたいな恋をした」(2020年公開予定、東京テアトル / リトルモア) ●「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」(2021年GW公開予定、ワーナー・ブラザース映画)  いずれもクランクアップ済みだ。 「映画で演技力をさらに磨いてということだったかもしれません。ところが、彼女に限らず、今は新型コロナのおかげで、映画は十分なリハや撮影ができない状況です。せっかく完成しても、公開が延期になったり、スクリーンにかけることができても、客席は1席ずつ空けて、深夜上映はなし。集客できてペイする構造ですから、興行収入にも不安が伴います。もちろん、舞台も同様です」(同)  山本裕典(32)の舞台のように、キャストや観客らが次々に感染しクラスター化した例もあった。

【関連記事】