Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Sexy Zoneが"おうち時間"を語る!中島健人「家の中でドローン飛ばしていました」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
HOMINIS(ホミニス)

メンバー全員が20歳を超えたSexy Zone。メンバーそれぞれが持ち前の個性を発揮してさまざまなシーンで活躍する中、メンバー同士の仲の良さや掛け合いが見られるのが冠番組「Sexy Zoneの進化論」だ。 同番組は、毎回登場する"大人"なゲストの進行の下、メンバーが"大人"をキーワードとするさまざまなテーマに挑戦し、成長する姿を見せるバラエティー番組。6月26日(金)放送の#5では、「大人のおうち時間」をテーマにゲストの物まね芸人・ぺよん潤が出題する謎解き問題に挑戦する。 今回、収録後にメンバー4人にインタビューを行い、"おうち時間"の過ごし方やバラエティー番組におけるそれぞれの強みなどについて語ってもらった。 ――テーマが「大人のおうち時間」でしたが、最近の"おうち時間"の過ごし方を教えてください。 菊池風磨「オンライン飲み会をやりました。やはり直接話せないもどかしさと、オンラインならではの難しさがありましたね。でも、打ち合わせとかはリモートで全然できちゃったので、これから主流になるかもしれないですね」 中島健人「僕は家の中でドローン飛ばしていました」 佐藤勝利「家どんだけ広いの!?(笑)」 中島「(ドローンは)子ども用から大人用まであるんだよ。どこに当たっても大丈夫なやつで、ドローンに付いているカメラを見ながら、ベッドルームからどこまで行けるか家の中を探索させて遊んでました」 マリウス葉「(中島の愛犬)ボニータとは?」 中島「(ドローンが)ボニータとはまだちょっと仲が悪くて...(苦笑)。怖いみたい」 佐藤「僕は外出自粛期間のちょっと前から料理を始めて、ちょっとずつ作っていたんですけど、家での時間が増えてからすごくハマりだして、研究くらいの感覚でやっています。家にある物でフレンチを作ってみたりとか」 中島「すごいな!得意料理は?」 佐藤「タコのタルティーヌですね」 中島「勝利から『タルティーヌ』って聞くの、初めてなんだけど(笑)。(佐藤は)和食ってイメージだから」 佐藤「YouTubeとか観てすごくこだわれるし、家族に振る舞うとすごく喜んでくれて楽しくて!難しい料理を勉強して作れるようになりました」 中島「こいつ、進化してんなぁ~!」 マリウス「僕は大学の友達とオンライン人狼ゲームをやって、気付いたら朝までやっていました。バーチャルでも大学生っぽいことができてうれしかったです」 ――ソロでもバラエティー番組で活躍されていると思いますが、バラエティーにおける自分以外のメンバーの強みは何だと思いますか? 菊池「中島くんはフックになるような言葉や仕草が上手いなと思っています。15秒の番宣スポットの時とかに使いやすいようなワードや面白さを持っていて、本編はもちろん、スポットにも生かされるようなエッジの効かせ方ができるというのは素敵だなって思っています」 中島「ありがとうございます(照)!勝利はコメントをまとめるのが上手いですね。前に一緒にバラエティー番組に出た時に、僕は話が長いんですけど勝利は話を端的にまとめられていて、(司会の)有吉弘行さんに気に入られてたんですよ。その時に『もう二度と一緒にバラエティーには出たくないな』って思いました(笑)」 佐藤「マリウスは面白い雰囲気をまとっているところがいいなって思いますね。元々ある天然っぽさに、まだ日本をよく分かっていないというズレが混ざっていて独特で、メンバーでもクスッと笑っちゃいますね」 マリウス「風磨くんは頭がすごく良くて、周りの人の笑いのツボを瞬時に見抜いて押せるんです!」 菊池「俺、嫌な奴みたいじゃん!」 マリウス「いやいや(焦)。人を見る目があってすごいなって。あとは、グループでいる時にまとめてくれるところですね。1人1人の意見を引き出してくれる」 ――#6のテーマが「涙活」だと聞きました。最近、涙したエピソードがあれば教えてください。 菊池「涙してないんですよね、全然」 佐藤「俺も泣いてないなあ...」 菊池「多分、マリウスは泣いてると思うけど」 佐藤「マリウスは『涙活』大好きなので(笑)」 マリウス「『涙活』けっこう好きですね。『今日、なんか溜まってるな』って時は、泣ける音楽とかを流して泣いています。でも、泣くこと自体がけっこう疲れるので、そこはバランスをみて泣いています」 ――さまざまな「謎解き」に挑戦した#5の収録の感想や、見どころを教えてください! 菊池「僕たちが苦戦しているところを見ていただけると!(笑)。一緒に謎を解いていただいて、持て余している時間を過ごすことに役立てられればうれしいですね」 中島「『謎解き』はすごく苦手で、『やばいな』って思ってたんですよ。でも、『謎解き』以外でも苦戦していて、苦戦の回でした(笑)」 佐藤「この番組はロケバラエティーとして始まったのですが、今回はスタジオでの収録になりました。でも、みんなで楽しく収録できてロケっぽかったなって。ぺよんさんが作った問題がすごく凝っていて予想以上に楽しかった!『脱出ゲーム』はニューヨークでしかやったことがなかったんですけど、『日本の"脱出ゲーム"、面白いな!』って思いました(笑)」 マリウス「僕も『謎解き』って苦手なので苦労したのですが、答えられなくても周りに助けてもらえるというところに、助けを求める大切さを学びました」 佐藤「(番組タイトルが)"進化論"だからね!」 マリウス「そう!自分が足りないところを周りが補ってくれるというのはすごく素敵だなって思いました」 文=原田健

HOMINIS

【関連記事】