Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

DeNA今永が「負けがついてよかった」と語った理由 広島大瀬良との投げ合いで感じた差

配信

Full-Count

19日の広島との開幕戦で5回2失点で降板し負け投手となったDeNA今永

 広島との開幕3連戦を1勝2敗で終えたDeNA。地元での開幕カードで思わぬ負け越しスタートとなったが、3人の先発投手はいずれも5回以上を投げて2失点以内に抑え、ラミレス監督も一定の評価を与えた。 【画像】DeNA新助っ人オースティンのモデル美人妻 ピンクのビキニがまぶしいビーチショットにファンもため息「素晴らしい」  開幕投手は2年連続となる今永昇太。8回無失点で勝ち投手となった昨季に続いて開幕勝利でチームを勢いづけるはずだったが、5回7安打2失点で降板し、チームも敗れてその目論見は外れた。それでも間違いなく、収穫はあった。負け投手になった左腕エースだが、試合後の会見でも下を向くことはなく、大瀬良とのエース対決を「あらゆる面で、とても勉強になった」と前向きな姿勢を見せた。  試合前から降り続いた雨で、30分遅れでの試合開始となった。「開始時間が変更になった後、もう1度ブルペンで投球練習をした。15球ぐらい投げてマウンドに上がった」という今永は、「まずは1回りをしっかり抑えてということを課題に置いて、その後は相手の対策に備えるつもりだった」と今季初登板に挑んだ。  その言葉通り、4回までは無失点に抑えた。初回と2回には先頭打者に安打を打たれたが、ラミレス監督が「ストレートも球速が出ていたし、カットボールなど変化球もよかった」と評価したように、走者を進めることなく広島打線を封じた。4回1死三塁のピンチも切り抜けたが、勝利投手の権利がかかった5回に1死から田中広に三塁打を打たれ、続く投手の大瀬良には初球にタイムリーを許した。さらにピレラに安打でつながれた後、2死から西川に勝ち越し打を打たれ、リードを守れずマウンドを降りた。  試合後、今永は「5回の失点の仕方がよくなかった」と、降板につながった2失点を反省した。 「4回までの自分とはちょっと違っていた。それまで球数も多かったし、5回に入った時にはまた雨も強くなっていたので、テンポアップしようと思った。7番からの打順だったので、ポンポンと抑えられたらと思ったが、少し単調になってしまった」  1死をとった後、8、9番に連打されて同点に追いつかれた。「田中さんへの1球がもったいなかった。大瀬良さんには初球を打たれてしまったのが課題。あの失点がなければ、6回以降も続投できたと思う」と悔やんだ。

【関連記事】