Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

池江が五輪1年前にメッセージ 国立から世界のアスリートへ

配信

時事通信

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で来夏に延期された東京五輪の開幕1年前にあたる7月23日に合わせ、大会組織委員会が白血病からの復帰を目指している競泳女子の池江璃花子(ルネサンス)を起用し、メイン会場の国立競技場からメッセージを発信することが30日、分かった。  池江は長期の治療を経て昨年12月に退院。2024年パリ五輪でのメダル獲得を目標に掲げ、今年3月にプールでの練習を再開した。新型コロナで先行きが見通せない中、世界のアスリートへメッセージを伝えるのは自らの試練を乗り越えて復帰を目指す池江がふさわしいと判断された。  組織委は新型コロナの状況を考慮し、国立でのメッセージ発信は観客を入れずに実施する。 

【関連記事】