Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オカダ・カズチカが特殊ルール戦を制して『KOPW2020』決勝進出!「過去の新日本プロレスは色んな闘いをしていた。これは原点回帰」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バトル・ニュース

 26日、東京都・後楽園ホールにて行われた新日本プロレス『SUMMER STRUGGLE 2020』にて、オカダ・カズチカ、エル・デスペラード、SANADA、矢野通の4選手が『KOPW2020』の決勝戦進出を決めた。  『KOPW2020』とは、オカダ・カズチカが提唱した新日本プロレスの新タイトル。  8月26日の後楽園ホール大会で行われる1回戦では、出場選手がそれぞれ持ち込んだルールをファン投票によって決定してシングルマッチで実施。そして8月29日に行われる明治神宮球場大会では1回戦を勝ち上がった4選手による4WAYマッチでの決勝戦を行う。  IWGPヘビー級王座を至高とするオカダの提案には衝撃が走り、数多くの選手が参戦の意思を表明。それぞれ因縁ある相手との特殊ルールでの決着戦を宣言していた。  この日の『KOPW2020』の1回戦では、小島聡vsエル・デスペラード、矢野通vsBUSHI、SHOvsSANADA、オカダ・カズチカvs高橋裕二郎&邪道&外道の4試合が実施。それぞれファン投票によって決められた特殊ルールでの試合となった。  小島とデスペラードの一戦は、小島がラリアット、デスペラードがピンチェ・ロコを使用すると失格となる必殺技禁止マッチ。  ラリアットに強いこだわりを持つ小島が攻撃の決め手を欠く中でデスペラードは多彩な技で徹底した足攻めを敢行。小島も川田殺し、コジMAXホールドと久々に見せる技を繰り出して持ち直すものの、デスペラードの挑発に乗ってラリアットを放ってしまい小島の失格負け。  矢野とBUSHIの試合は2カウントフォールマッチ。  矢野はスピードが要求される試合に向けてか入場からの全ての所作をせかせかと済ませて積極的にスクールボーイでの決着を狙っていくが、BUSHIを縛り付けようと取り出したテープを奪われて逆に自分の足を縛られてしまう。BUSHIは身動きの取れない矢野にラ・マヒストラルを仕掛けるが、矢野がヘビー級の肉体で上から潰して2カウントを奪った。  NJCでの対戦から因縁が生じてKOPWでの決着戦を迎えたSHOとSANADAの一戦は、ギブアップ&レフリーストップのみで勝敗が決まるサブミッションマッチ。  両者は序盤から濃密なチェーンレスリングを展開していき、SHOは腕へ、SANADAは足へと狙いを定めてそれぞれ多彩な一点集中攻撃のパターンを見せる。SHOがリング中央で完璧な腕十字を決めて見せるが、SANADAは強引に持ち上げてTKOで叩きつけ、ラウンディングボディプレスからの足4の字固めでタップを奪う。  SANADAはサブミッションマッチでSkull Endを狙う素振りすら見せず勝利するという実力の差を見せつける形となった。  オカダと裕二郎の因縁決着戦は、BULLET CLUB3選手の内1選手から、BULLET CLUBは誰か1人がオカダから勝利した時点で決着というルール。裕二郎には邪道&外道が加勢した。  オカダは3方向からのあらゆる反則攻撃に苦戦し、現在のフィニッシャーである変形コブラクラッチもことごとくカットされてしまい、3人でのスーパーパワーボムを被弾するなど窮地に追い込まれる。しかしオカダは得意のドロップキックで裕二郎&邪道を場外に蹴り出し、久々に見せるトペ・コンヒーロ。邪魔者を排除したオカダは外道へツームストンパイルドライバーからの変形コブラクラッチで貫禄勝利。  試合後、オカダは「次は神宮、4WAYマッチ。デスペラード、矢野さん、SANADA。曲者が揃ってるんじゃないかなと思います。KOPW、曲者・オブ・プロレスリング(KOPW)。でもそんな中でもしっかり、カズチカ・オカダの・プロレスリング(KOPW)を皆さんにお見せして、僕がキング・オブ・プロレスリング(KOPW)になろうと思います。KOPWはお客さんと一緒になって楽しむものだと僕は思っていますので、もし不満があればドンドン言ってください。そして唯一無二のタイトルになるように、しっかりと僕たちレスラーはやっていきますので、皆さんの投票だったり、応援だったりをよろしくお願いします!」と叫んで大会を締めた。  オカダはバックステージで「今、新日本プロレスのレスラーも世界中いろんなところに行ってますし、いろんな相手、いろんなスタイルでやらなきゃいけないかもしれないですし、そういう意味ではやっぱり幅のあるレスラーの方が、世界中に通用するレスラーになれるんじゃないかと思います。『ホントに新日本プロレスなの?』っていうような試合を、皆さんにお見せすることができたんじゃないかと思います。『新日本プロレスらしくない』と言っときながら、過去にも1vs3ってのはやってますし、ランバージャックもやってますし、それこそ巌流島でやったりだとか、いろんな戦いを新日本プロレスはやってたんですよね。何なら、これがホントに原点回帰の一つなんじゃないかなと思いますし。まぁそれはやっぱり、IWGPという戦いがあるからこそ、自信を持って胸を張って『このプロレスが一番だ』と言えるからこそ、この戦いも認められると思うんで。やっぱり、IWGPの上を行くってことは、僕はあってはいけないことだと思いますし、原点回帰、一周回って戻ってきたと思って、新日本プロレスをまた盛り上げていきたいです」と改めてKOPWの意義を語った。

【関連記事】