Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<ダイの大冒険>新作テレビアニメで種崎敦美がダイに 豊永利行がポップ、櫻井孝宏がアバン 小松未可子、早見沙織、梶裕貴も

配信

MANTANWEB

 人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの世界観、設定を基にしたマンガ「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」の新作テレビアニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」で、種崎敦美さんが主人公・ダイの声優を務めることが5月27日、分かった。同日、YouTubeのVジャンプチャンネルで配信された発表会で発表された。豊永利行さんがポップ、小松未可子さんがマァム、早見沙織さんがレオナ、櫻井孝宏さんがアバン、梶裕貴さんがヒュンケルをそれぞれ演じる。テレビ東京系で10月から放送される。 【写真特集】28年ぶり復活「ダイの大冒険」 ビジュアルも公開 一新

 発表会で、種崎さんはダイの技「アバンストラッシュ!」の叫びを披露。「小さい頃に兄弟そろってアニメを見ていて、大きな存在なので、察してください……。喜びなのか、緊張なのかよく分からない感情です」と語り、「熱い気持ちで新しい『ダイの大冒険』を作っていきたい」と意気込んだ。

 「DRAGON QUEST -ダイの大冒険-」は、三条陸さんが原作、稲田浩司さんが作画を担当し、堀井雄二さんが監修。「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1989~96年に連載された。少年・ダイが、魔法使いのポップたちと魔王を倒すために冒険する姿が描かれた。コミックスの累計発行部数は約4700万部。1991~92年にテレビアニメが放送されており、約28年ぶりにアニメ化されることになった。

 ◇スタッフ(敬称略)

 シリーズディレクター:唐澤和也▽シリーズ構成:千葉克彦▽キャラクターデザイン:宮本絵美子▽美術:藤井綾香(スタジオパブロ)▽音楽:林ゆうき▽色彩設計:森綾▽アニメーション制作:東映アニメーション

【関連記事】